「井上流」の版間の差分

現在ではむしろ京都[[祇園甲部]]の芸妓舞妓が習うお座敷舞や都をどりの流儀として知られるが、これは明治の始め都をどりの振付けに井上流が採用されたのが直接のきっかけである。
 
祇園のお留流とされた際の約束により、男子禁制を謳う流儀としても知られる。代々の家元が京都の能楽シテ方の野村金剛シテ方観世流の[[片山九郎右衛門|片山家]]と縁が深く、その影響を強く受けている。
 
== 家元 ==
匿名利用者