「ポンポン船」の版間の差分

m
(en:Pop pop boat版23:51, 24 Dec 2010より#Historyを翻訳。主著Engineer comp geek。ボーイスカウトに関する部分は割愛。画像は後で)
m (微)
{{Otheruses|船舶模型|焼玉機関を使った実用船|グローエンジン}}
 
[[imageファイル:Knatterboot.jpg|thumb|200px|ポンポン船 (蝋燭で加熱する)]]
[[Imageファイル:Knatterboot unten.jpg|right|300px|thumb|楕円状の[[ボイラー]]の下部を[[蝋燭]]で加熱する事により、両側のパイプから水が噴出、流入を繰り返す]]
 
'''ポンポン船'''(ぽんぽんせん)とは、[[水蒸気]]の[[圧力]]で推進力を得る船舶[[模型]]・[[玩具]]のことである。もともとは、[[焼玉機関]]を用いた実用の[[船]]の[[通称]](エンジン排気音の[[擬音語|擬音]]に由来)であったが、その作動音に似ていることから転じて、模型の船のことも指すようになった。
 
== 作動原理 ==
ボイラーを加熱した時に発生する水蒸気で内部の水が噴射されてその反動で前進する。内部の水が排出されると水が逆流して内部に入り、また、加熱されて噴射される。これを繰り返して前進する。内部に空気が入ると上手く作動しない。ボイラーの形状には、振動板があるものとパイプを螺旋状に巻いたパイプのものがある。
 
水の噴出、流入が一定のサイクルで行われることから、一種の[[流体素子]]による[[自励発振]]と見ることができる。管路の流路抵抗が大きい場合、上手く作動しない。
1915年にはアメリカ人チャールズ・J・マクヒュー<!-- Charles J McHugh -->がピオの設計を発展させ、振動板タイプのエンジンの特許を取った<ref>US Patent 1,200,960</ref>。
 
1920年、ウィリアム・パーセル<!-- William Purcell -->管をコイル状に巻いたタイプのエンジンについて特許を取得した<ref>US Patent 1,480,836</ref>。このタイプのエンジンは構造が単純であるため、現在に至るまで自家製ポンポン船の主流であり続けている。
 
チャールズ・マクヒューは1926年に別の特許を取得している。これも振動板タイプのエンジンだが、大量生産に適した設計に改良されていた。<ref>US Patent 1,596,934</ref>
8,808

回編集