「鉄血演説」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (オットー・フォン・ビスマルク)
m
'''鉄血演説'''(てっけつえんぜつ)とは、軍備拡張を進める[[プロイセン]][[政府]]の予算案を[[議会]]に否決され、これを受けて当時のプロイセン首相[[オットー・フォン・ビスマルク]]が[[1862年]][[9月]]の下院予算委員会で議員を前にして行った[[演説]]の一部。議会を無視し、軍備拡張を強行したビスマルクの人となりを如実に表したものである。(→[[鉄血政策]])
 
議会を無視し、軍備拡張を強行したビスマルクの人となりを如実に表したものである。(→[[ドイツ統一]])
 
「ドイツがプロイセンに注目しているのは、その自由主義ではなく、力なのであります。現下の大問題(ドイツの統一)は、言論や多数決によってではなく、'''鉄'''(武器)と'''血'''(兵士)によってのみ解決されるでありましょう。」
== 関連項目 ==
*[[ビスマルク体制]]
*[[鉄血政策ドイツ統一]]
*[[ドイツ帝国]]
[[Category:鉄|てつけつえんせつ]]
 
[[Category:ドイツの歴史|てつけつえんせつ]]
{{stub}}