「河東の乱」の版間の差分

m
link fix
m (link fix)
 
この講和により河東の乱は収束し、今川は遠江平定・三河侵攻、北条は北関東侵攻に専念する状況が生まれた。その後も今川と北条間は、不信による緊張状態にあったものの争乱に発展することはなく、天文21年([[1552年]])に晴信が仲介して甲駿相三国がそれぞれ婚姻関係を結び攻守同盟としての[[甲相駿三国同盟]]が成立した。
 
== 脚注 ==
{{Reflist}}
 
== 参考文献 ==
*小和田哲男 編『今川義元のすべて』1994年、[[新人物往来社]]、 ISBN 4-404-02097-X
*小和田哲男『今川義元 <small>自分の力量を以て国の法度を申付く</small>』2004年、[[ミネルヴァ書房]]、 ISBN 4-623-04114-X
*有光友学『今川義元』2008年、[[吉川弘文館]]、 ISBN 978-4-642-05247-4
*平山優『武田信玄』2006年、吉川弘文館、ISBN 4642056211
*[[柴辻俊六]]『武田信玄合戦録』2006年、[[角川学芸出版]](角川選書)、ISBN 4047034037
 
== 脚注 ==
{{reflist}}
 
== 関連項目 ==