「テンポイント」の版間の差分

m
5歳時(1977年)オープン特別→オープン
m (5歳時(1977年)オープン特別→オープン)
宝塚記念出走後、テンポイントは[[アメリカ合衆国|アメリカ]]で行われる[[ワシントンD.C.インターナショナル]]への招待を受けたが陣営はトウショウボーイを倒して日本一の競走馬になるべく<ref group="†">これには調教師の小川の意向が強く作用した。馬主の高田や吉田牧場の吉田重雄はあえてトウショウボーイと戦う必要はないと感じていた。([[#山田1998|山田1998]]、30頁。[[#平岡2005|平岡2005]]、142頁。)</ref>、招待を辞退して年末の有馬記念<ref group="†">テンポイントは当時天皇賞に存在した「[[天皇賞#概要|勝ち抜け制度]]」のため天皇賞(秋)には出走できず、年内にトウショウボーイと対戦することが可能な八大競走は有馬記念に限られていた。</ref>を目標とした。
 
夏期休養後の[[京都大賞典]]で63[[キログラム|kg]]の[[負担重量|斤量]]を背負いながら2着に8馬身の差をつけて逃げきり、続くオープン特別戦も逃げ切って優勝。有馬記念では1番人気に支持された。レースではスタート直後からテンポイントとトウショウボーイが後続を大きく引き離し、[[マッチレース]]のような展開でレースを進めた。鹿戸は宝塚記念の敗北について「少しでも前に行かなければ勝てない」と分析しており<ref>[[#山田1998|山田1998]]、79頁。</ref>、スタート直後に先頭に立ったトウショウボーイを交わそうとレースを進めるうちに引くに引けない展開にはまりこんだ。途中で鹿戸は「これで負けたら騎手をやめなけりゃいかんな」と覚悟を決めた<ref>[[#平岡2005|平岡2005]]、150-152頁。</ref>。阿部珠樹は向こう正面に入っても競り合いを続ける2頭を見て、「共倒れになるかもしれない」と感じたという<ref>[[#阿部2003|阿部2003]]、126頁。</ref>。抜きつ抜かれつの展開は最後の直線まで続き、激しい競り合いの末テンポイントが優勝。トウショウボーイと対戦したレースで初めて優勝を果たした。このレースは中央競馬史上最高の名勝負のひとつとされる<ref group="†">競馬雑誌『優駿(増刊号TURF)』が1991年に行った「思い出のレース」を問うアンケートでは第1位に選ばれた。</ref>。(レースに関する詳細については[[第22回有馬記念]]を参照)
 
この年、テンポイントは史上初の満票で[[JRA賞|年度代表馬]]に選出された<ref group="†">満票で中央競馬の年度代表馬に選ばれたのは、テンポイントと [[1985年]]の[[シンボリルドルフ]]、[[2000年]]の[[テイエムオペラオー]]の3頭。</ref><ref>[[#サラブレッド101頭の死に方|サラブレッド101頭の死に方]]、138頁。</ref>。