「周辺機器」の版間の差分

英語版en:Peripheral2010年12月29日9時13分の版からの抄訳・改変を含みます。翻訳には『本格翻訳』シリーズを使用しております。
m (ロボットによる 変更: fa:دستگاه جانبی)
(英語版en:Peripheral2010年12月29日9時13分の版からの抄訳・改変を含みます。翻訳には『本格翻訳』シリーズを使用しております。)
==パーソナルコンピュータの周辺機器==
{{main|パーソナルコンピュータ#周辺機器}}
[[パーソナルコンピュータ]]の主な周辺機器には、外付けの[[キーボード (コンピュータ)|キーボード]]、[[マウス (コンピュータ)|マウス]]、[[プリンター]]、[[DVD#DVD-ROM|DVD-ROM]]などがある。何かが周辺機器であるか、あるいはコンピュータの一部であるか常にはっきり境界を示されるわけではない
===主なパーソナルコンピュータの周辺機器===
 
*[[記憶装置]]
*入力用
**[[入力装置]]
*出力用
**[[出力装置]]
**[[ディスプレイ装置]]
**[[ディスプレイ (コンピュータ)|ディスプレイ]]
==税法上の取り扱い==
[[税法]](特に[[法人税法]]及び[[固定資産税]]を定める[[地方税法]])において、周辺機器はコンピュータ本体と一体として取り扱うことが原則となっており、この場合、対象物件の金額が大きくなるため、[[固定資産]]とされ損金は使用期間にわたって[[減価償却]]によることとなるが、本体と各周辺機器が各々独立のものと認定されれば、個々の金額が低くなるため、課税年度において[[損金]]処理できる可能性がある。企業側としては、税務上、後者が有利であるので、周辺機器を個別・単独の目的で購入したものと主張するが、税務当局側は、「本体がなければ機能しない」ことを理由に、一体性を認め固定資産とすることが一般的である。