「内舎人」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
'''内舎人'''(うどねり)は[[律令制]]における官職のひとつ。[[中務省]]に属する。『[[和名抄]]』では「'''うちとねり'''」と記載されている。「'''うどねり'''」は略称である。
 
『[[大宝令]]』では帯刀宿衛、供奉雑使、駕行時の護衛と[[天皇]]の身辺警護にあたった。詰め所は中務省の東北隅。定員は90人であったが、{{和暦|808}}に40人に削減されるなど、時期により増減がある。内舎人から選抜されてい[[摂政]]、[[関白成功 (任官)|成功]]の[[随身]]を務希望者に対応するたたこともありこれを'''[[内舎人随身]]'''と呼ぶ。21歳以上の[[四位]]以下[[五位]]以上の子弟から選抜{{和暦|1147}}に定員が60名に増やされた。また、[[三位12世紀]]末には実際には100名以上の子弟でも希望があ置かば無条件で任官された。ている(『[[長上官職秘抄]]の扱いを受けたため』)など、時期他の舎人系の官職よりも昇進に有利で増減がった
 
内舎人から選抜された者が[[摂政]]、[[関白]]の[[随身]]を務めたこともあり、これを'''[[内舎人随身]]'''と呼ぶ。21歳以上の[[四位]]以下[[五位]]以上の子弟から選抜された。また、[[三位]]以上の子弟でも希望があれば無条件で任官された。[[長上]]の扱いを受けたために他の舎人系の官職よりも昇進に有利であった。
 
[[武士]]が登場すると武士が任ぜられることが多くなる。[[源氏]]で内舎人に任ぜられた者は'''源内'''、[[平氏]]で任ぜられた者を'''平内'''、[[藤原氏]]で任ぜられた者を'''藤内'''と呼んだ。