「カントールの対角線論法」の版間の差分

m
リンク/誤字訂正:ゲオルク・カントール
m (リンク/誤字訂正:ゲオルク・カントール)
'''カントールの対角線論法'''(カントールのたいかくせんろんぽう)は、数学における証明テクニック(背理法)の一つ。1891年に[[ゲオル・カントール]]によって非可算濃度を持つ集合の存在を示した論文<ref>{{cite paper |author=George Cantor|title=Uber ein elementare Frage der Mannigfaltigkeitslehre|publisher=Deutsche Mathematiker-Vereinigung|date=1891}}</ref>の中で用いられたのが最初だとされている。
その後対角線論法は、数学基礎論や計算機科学において写像やアルゴリズム等が存在しない事を示す為の代表的な手法の一つとなり、例えば[[ゲーデルの不完全性定理]]、[[停止性問題]]の決定不能性、[[時間階層定理]]といった重要な定理の証明で使われている。
<!--
781

回編集