「日祐」の版間の差分

編集の要約なし
{{Otheruseslistotheruses|鎌倉時代の僧侶|安土桃山時代時代の僧侶|日祐 (僧侶)人物|佐賀県のスーパーマーケット|日祐 (スーパー)}}
 
'''日祐'''(にちゆう、[[1298年]][[永仁]]6年) - [[1374年]][[67297]][[文中]]3年/[[応安]]7年[[5月19日 (旧暦)|5月19日]]))は、[[鎌倉時代]]の[[日蓮宗]]の[[僧]]。[[千葉宗胤]]の[[猶子]]<ref>正東山古文書</ref>。[[下総国]]の出身。号は浄行院。
 
== 概要 ==
日祐は17歳で1314年(正和3年)中山本妙寺(現在の[[中山法華経寺]])3世となった。[[千葉胤貞]]の[[外護]]を受けて、[[日本寺 (多古町)|日本寺]]をはじめ、[[千田荘]]・[[八幡荘]]・[[臼井荘]]の各地に寺院を建立する<ref>千葉胤貞譲状</ref>。墓所は[[中山法華経寺]]。
 
== 脚注 ==
[[Category:法華系仏教の人物]]
[[Category:鎌倉時代の人物]]
[[Category:下総国の人物]]
[[Category:1298年生]]
[[Category:1374年没]]