「準同型」の版間の差分

==その他==
 
本質的には、準同型写像とは特定の数学的構造のなす[[圏論|圏]]における[[モルフィズム|]] (morphism) になっているような写像のことであると言ってよい。(もちろん一般の圏ではその対象は集合とは限らないし、その射が写像であるとも限らない。)
 
数学的構造を[[二項演算|演算]]とみなす(例えば、単位元の存在を 0 項演算とおもってみる)とき、準同型というのはその演算との可換性を要求されているとみることもできる。
258

回編集