「日本国際賞」の版間の差分

編集の要約なし
m (ロボットによる 追加: sv:Japanpriset)
'''日本国際賞'''(にほんこくさいしょう、Japan Prize)とは、「科学技術において、独創的・飛躍的な成果を挙げ、科学技術の進歩に大きく寄与し、人類の平和と繁栄に著しく貢献した」人に対して、[[国際科学技術財団]]が授与する賞である。受賞対象分野は幅広い[[科学技術]]分野にわたり、いずれの受賞者も世界的に有名な科学技術者である。なお、受賞対象分野は1年に2つの分野である。受賞者には、[[賞状]]、賞牌、賞金5000万円が贈られる。また、受賞者は生存者のみに限られる。
 
日本にも[[ノーベル賞]]に匹敵するような賞が必要だとして、[[1981年]]に構想が立てられた。[[1983年]]に政府内で閣議決定された後、[[1985年]]に第1回の授与式が[[国立劇場]]で行われた。なお、授与式は[[天皇]]・[[皇后]][[内閣総理大臣]][[衆議院|衆]][[参議院|参]]両院[[議長]][[最高裁判所長官]]らが出席する。
 
== 受賞者 ==
* [[2011年]] - [[ケン・トンプソン]]、[[デニス・リッチー]]、[[岸本忠三]]、[[平野俊夫]]
* [[2010年]] - [[岩崎俊一]]、[[ピーター・ヴィトーセク]]
* [[2009年]] - [[デニス・メドウズ]]、[[デビット・クール]]
282

回編集