「イモビライザー」の版間の差分

だが、イモビライザーを搭載した車が盗まれるケースもゼロではない
([[2005年]][[10月25日]]に起きた[[日本プロサッカーリーグ|J1]][[FC東京]]の[[茂庭照幸]]選手の[[ランドクルーザー]]盗難事件など)。
それどころか、「イモビカッター」なるものが登場し、十数秒で解錠できるようになってしまった。
 
一部の[[損害保険]]会社では、この装備車を対象とした保険料の割引サービスも行っているが、一方で実際に車両が盗まれた場合に保険金支払いを拒絶される事例が多発している。この場合、保険金支払いを受けるには契約者が自ら[[訴訟]]を提起しなければならず、長い時間と労力を要する。リーディングケースとなった2005年12月13日大阪地裁判決の事案<ref>[http://response.jp/issue/2005/1219/article77468_1.html イモビライザーがあってもクルマは盗める…裁判所が判断]</ref>によれば、[[被告]][[損保ジャパン]]は「イモビライザーは解除不能であるから盗難は不可能なはずである」と加入者による保険金詐欺を匂わせた主張を続けたため、盗難から一審の支払い命令[[判決]]を得るまでに1年9か月を要している。[[TBSテレビ|TBS]]「[[NEWS23|ニュース23]]」2006年1月9日放送分では、この問題を特集した際に、イモビライザー破りの手口が業者により明かされており、結局はイモビライザー以外の自己防衛も必要だという事が語られている。
341

回編集