「五貫裁き」の版間の差分

m
m (何故→なぜ(表記ガイド))
 
== あらすじ ==
[[賭博]]場の使い走りをしていた八五郎。大病を患い、寝込む事になった彼は、闘病中に仲間が一人も見舞いに来なかった事から自分の人生を見直し堅気になることを決意した。決意を固めた八五郎は大家に相談、[[八百屋]]をやりたいと言う彼に、大家は奉加帳([[カンパ]]を記録する為の帳面)を作って「最初に金持ちの所に行け」とアドバイス。喜んだ八五郎は早速カンパを募りに行くが、なぜか数分で傷だらけになって戻ってきた。
 
話を聴くと、彼は最初に質屋をやっている『徳力屋』という所に行ったのだが、番頭に初筆三文と書かれて唖然。押し問答をしていると、そこへ徳力屋の旦那がやってきて「書き直す」というので、てっきり増やしてくれると思ったのだがあべこべに減らされてしまったと言うのだ。頭にきた八五郎は、一文を徳力屋に投げつけ、殴ろうと飛び掛ったらあべこべに[[煙管]]で殴られてしまったらしい。それを聞いた大家は、なぜか「面白いな」と呟き、今度は奉行所に訴え出ることをアドバイスした。
29,293

回編集