「ダビング10」の版間の差分

また、コピー回数の制限はデジタルコピー、即ち「録画機内蔵のDVDやメモリーカードへのコピー」と「[[IEEE 1394|i.LINK]]などのデジタル接続での他の機器へのコピー」に対して行われ、10回目は自動的にムーブ(移動)されるか、あるいはムーブ以外は不許可になる。また、コピー回数が9回に達していない場合でムーブしても、世代管理の制御は緩和されないため、それ以後のコピーや移動は一切禁止となる(ムーブした先は常にダビング10での「1世代目」コピーとなるため)。
 
なおダビング10ではHDDレコーダーから[[D端子]]、[[コンポジット映像信号|コンポジット端子]]、[[S端子]]などのアナログ映像出力を経由して行うアナログコピーについてはダビング10で制御される回数としてカウントされない(アナログ接続での出力を利用した場合9回以上のコピーが可能となる)が、世代管理についてはデジタル出力の場合と同様の制限を受けるため、どの段階(1世代目の録画前/1世代目と2世代目の間/2世代目と3世代目の間)にアナログ映像接続を利用したとしても、デジタル出力の場合と変りなく、世代管理に関するコピー制御が動作する(これはアナログ信号にCGMS-A信号が出力されるためである。<ref name="analogue-copy"/>)<ref>[http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20070823/1002183/ テレビ録画界の“憲法改正”!? 「ダビング10」で録画ライフはこう変わる]</ref>。
 
なお、以上の運用ルールが適用されるのは、放送局がダビング10の制御信号入りの番組を放送していて、それをダビング10に対応した録画機で録画する場合だけである。録画機側がダビング10未対応の場合は、ダビング10の放送番組であっても、コピーワンスのコピー制御が掛かることになる。旧式の[[DVDレコーダー]]などダビング10に対応していない録画機では機器外部への信号出力を含めてこれまでどおりコピー・ワンスの運用となるため、[[ハードディスク]]装置(HDD)に録画した番組を2枚のDVDにコピーして1枚を視聴用、もう1枚をバックアップ用と使い分けることはできない<ref name="analogue-copy"/>。
匿名利用者