「パルテノン神殿 (ナッシュビル)」の版間の差分

m
→‎近年の歴史: リンク先の変更
m (→‎近年の歴史: リンク先の変更)
 
== 近年の歴史 ==
現在、美術館として機能するパルテノンはナッシュビルのダウンタウンの西部にある大きな公共公園である[[センテニアル・パーク (テネシー州ナッシュビル)|センテニアル・パーク]]の中心に位置している。1990年、アラン・ルクワイアによって再建された[[アテーナー|アテナ・パルテノス]]の像は古代[[ギリシャ]]のパルテノンに焦点を合わせている。この建物はアテネの神殿の等身大レプリカであり、アテナ・パルテノスの像は学術的基準により胸よろいで保護され、ヘルメットをかぶり、左手に盾を持ち、右手の平には小さな(6フィート)[[ニケ]](勝利)の像がおり、高さが42フィート(13m)で8パウンドの金箔を使い、像の体と盾の間に巨大な蛇を従えるなど忠実に再現された。建物が完成してから、古代建築であるアテネのパルテノン神殿の上層のモニュメントに施された元の色を推測し可能な限り近い色で装飾した。神殿のメイン・ホールの西の部屋の備え付けられた[[エルギン・マーブル]]の石膏のレプリカは、紀元前438年に作られたアテネのパルテノンの[[ペディメント]]に飾られていたオリジナルの彫刻である。オリジナルの建物の残骸は[[ロンドン]]の[[大英博物館]]とアテネの[[アクロポリス博物館]]に所蔵されている。
 
美術館には[[ジェームズ・M・コウワン]]により寄付された19世紀から20世紀のアメリカの芸術家の63点の常設展示物がある。また企画展示のためのスペースもある。
334

回編集