「朱世傑」の版間の差分

m
「極」リンク修正
m (ロボットによる 変更: pt:Zhu Shijie)
m (「極」リンク修正)
詳細な伝記は不詳であるが、元は燕山(現在の[[北京]]付近)の人で、官に就く事無く数学を学びながら国内を巡り、その間の[[1299年]]に『[[算学啓蒙]]』、[[1303年]]に『[[四元玉鑑]]』を著した。『四元玉鑑』執筆時には既に旅の生活も20年以上になっていたが、[[揚州]]に来た際に多くの人々が彼から数学を学ぼうと彼の元を訪れたのを見て、ここに落ち着いて人々に数学を教えることに生涯を捧げたという。
 
『算学啓蒙』は[[宋 (王朝)|宋]]から元にかけて発達した中国数学の集大成であり、[[命数法]]から四則計算、面積計算、[[天元術]]に至るまで幅広い内容が取り上げられている。[[極 (数)|極]]以上の命数法が初めて登場したのも同書である。『四元玉鑑』は天元術を発展させて四元の高次方程式を解く方法を論じた。
 
== 参考文献 ==