「ゴシック体」の版間の差分

 
== 呼び方 ==
書体としてのゴシックが指すものは、日本と欧米ではまったく異なる。ヨーロッパではゴシックの内[[ブラックレター]]など装飾的な筆記書体を指す。日本においては縦画と横画の太さが均等で起筆、終筆点に[[セリフ|かざり]]のない書体を指す。欧文書体における[[サンセリフ]]体に相当する。一方英語においてゴシック体(Gothic Script)と言うと通常は[[ブラックレター]]を指すので注意を要する。中国組版においては、同様の漢字書体を「'''黒体'''(ヘイティ)」と呼んでいる。
 
(日本の)ゴシック体は、「ゴジック」「ゴチック」とも呼ばれ、[[印刷]]業界においては「ゴチ」あるいは「ゴ」と略される。[[組版]]指定や修正指示においては、朱筆によって『ゴ』あるい『ゴチ』とだけ記入すれば、当該箇所をゴシック体にする、という意味になる。会話においては「ゴ」のみでは分かりづらいためか、「ゴチ」という表現が用いられることのほうが多い。まれに「ゴシ」と略されることもある。
匿名利用者