「社会福祉大学院」の版間の差分

編集の要約なし
'''社会福祉大学院'''(しゃかいふくしだいがくいん)とは、[[社会福祉学]]/[[ソーシャルワーク]]の研究及び高度で専門的な[[ソーシャルワーカー]]を養成するための[[大学院]]である。
 
 社会福祉大学院には、修士課程・博士課程による社会福祉学、ソーシャルワーク研究活動を中心とした研究大学院と、高度なソーシャルワーカー専門職を養成することを目的とした専門職大学院の二つの種類がある。社会福祉学・ソーシャルワークそのものが実践科学であり、社会福祉哲学や社会福祉史などの基礎研究ではない限り、研究活動を中心とした大学院でも高度なソーシャルワーカー専門職養成をも目的とした教育が行われている。しかし、研究指向であるか、教育指向であるのかによって、日本のそれぞれの大学院の性格は大きく異なっている。ソーシャルワーク教育の中心であるアメリカにおいては、ソーシャルワーカー専門職養成は専門職大学院(プロフェッショナルスクール)修士課程で行われており、研究活動は博士課程で行うが、修士課程から研究指向強い日本の社会福祉大学院その性格が大きく異なっている。
 
 社会福祉学は日本では学部・大学院ともに戦前からながらく私立大学のみ設置され、国立大学には社会福祉学に関する学部・大学院ともに設置がされてこなかった。そのため、社会福祉学の大学院が私立大学、とくに仏教とキリスト教を基盤とする大学を中心に発展がみられ、[[東北福祉大学]]や[[明治学院大学]]、[[同志社大学]]、[[龍谷大学]]、東洋哲学から発した[[東洋大学]]などが伝統校として知られている。
匿名利用者