「スティパ・カプロニ」の版間の差分

m
m (r2.7.1) (ロボットによる 追加: pl:Stipa-Caproni)
 
== 試験とその後 ==
[[1932年]][[10月7日]]、カプロニのテストパイロットである[[ドメニコ・アントニーニ]]は、スティパ・カプロニの試作機のテスト飛行を行った。次に機体は[[グイドーニア・モンテチェーリオ|モンテチェーリオ]]へ移送され、そこでイタリア空軍のさらなるテストが行われた。テストパイロット達の共通した意見口をそろえて、スティパ・カプロニはとても非常に安定性が高別の言い方をすれば飛行進路を変えることが難しいと報告しうものだった。また、着陸速度は68km/h いう非常に遅い着陸度とそれに続く短い着陸滑走がごく短かったこと、テストパイロットたちに強い印象驚かせ与えた。
 
スティパ・カプロニの性能は一般的な飛行機を上回るものではなかったため、空軍は簡単なテスト飛行の後に、これ以上の開発の続行をキャンセルすることを決定した。しかし、スティパ・カプロニから得られた経験は、[[モータージェット]]機の[[カプロニ・カンピニ N.1]] の開発に重要な影響を与えた。
 
== 諸元 ==