「CD不況」の版間の差分

{{複数の問題
| 出典の明記 = 2011-1
| 独自研究 = 2011-1
| 国際化 = 2011-1
| Cleanup = 2011-1
}}
'''CD不況'''(シーディーふきょう)は、[[1990年代]]後半から[[CD-DA|CD]]の売上金額が減少している現象をいう。CDの生産額は、国によって多少の差はあるものの、世界的に[[1997年]] - [[1998年]]をピークとして減少傾向にある。
 
日本においては、CD販売枚数は1990年代中、後半をピークとして、以降減少し続けている。シングルのセールスでは、1995年には20作以上ミリオンセラーを記録しているのに対し、2001年以降毎年1 - 数作であるか、出ていない。<!--2011年現在、日本で最新のミリオンセラーシングルは2010年にミリオンセラーを記録した[[AKB48]]の『[[Beginner]]』で、最新のミリオンセラーアルバムは2010年に発売され、同年にミリオンセラーを記録した[[いきものがかり]]の『[[いきものばかり〜メンバーズBESTセレクション〜]]』である。-->
 
CD販売の減少は[[シングル]]CDで最も顕著に表われており、[[音楽配信]]による[[デジタル・ダウンロード]]への移行が2006年以降、鮮明になりつつある(後述)。
 
12cmシングルの年間販売数(日本レコード協会集計対象シングル)は、シングル個別の統計を取り始めた1999年以降、2000年の104,601枚をピークに漸減し続けており、2007年には61,324枚、2009年には44,742枚と大幅な減少傾向のまま推移している<ref name="cd-quantity">http://www.riaj.or.jp/data/quantity/index.html</ref>。
 
また、[[2007年]][[2月23日]]に[[日本レコード協会]]が、[[2006年]]の日本国内の有料音楽配信の売上(パソコンと携帯電話の合計)が、シングルCDのそれ(8cmと12cmの合計)を上回ったことを発表した。{{要出典|date=2011年1月}}
2009年の売上(日本レコード協会集計対象)は、8cmCDと12cmシングルCDは計44,897枚に対し、インターネットダウンロード・シングルトラックとモバイル・シングルトラックの合計は185,407本に及んでいる。<ref name="cd-quantity"/><ref name="dl-quantity2009">http://www.riaj.or.jp/data/download/2009.html</ref>
 
== 年表 (1998年以降) ==
匿名利用者