「インセクターX」の版間の差分

編集の要約なし
m
}}
『'''インセクターX'''』('''insectorX''')は、[[1989年]]に[[タイトー]]からリリースされた[[アーケードゲーム]]。
昆虫をモチーフとした敵を倒していくサイドビューのシューティングゲームである。社の作品である「[[中華大仙]]」との類似性が多い。
 
== 基本ルール ==
8方向レバー、2ボタン(ショット、特殊)を操作して、ボスを倒せば1面クリア。全5ステージ
 
残機制で、敵または敵の攻撃に触れる、またはスクロールで壁にはさまれると1ミス。
 
== アイテム ==
スズメガを倒すとアイテムが出現する。1UPもある。
 
== ミスの条件 ==
*敵に触れた
*敵の攻撃に触れた
*壁にあるところからはさまった
 
== 移植版 ==
;ファミリーコンピュータ版
:タイトーより発売。アーケード版の雰囲気を保ちながらファミコンレベルまでスペックを縮小してった移植。プレイヤーに女の子キャラクターが追加されている。
;メガドライブ版
:ホット・ビィより販売。すべてのキャラクターがメカメカしい風のデザインに変更されており、BGMも金属調のアレンジがなされている。
== 外部リンク ==
* [http://insomnia.ac/reviews/ac/insectorx/review.php 「インセクターX」 レビュー] (英語)
匿名利用者