「テンポイント」の版間の差分

m
m (5歳時(1977年)オープン特別→オープン)
騎手の起用について2頭の陣営は対照的であった。トウショウボーイ陣営が4歳時に東京優駿・[[札幌記念]]と連敗した後、それまで同馬に騎乗していた[[池上昌弘]]を降板させ[[福永洋一]]や[[武邦彦]]といったトップジョッキーを起用したのに対し、テンポイント陣営はテンポイントが敗戦を繰り返した時期にも鹿戸明を降板させることはなく、鹿戸は骨折で騎乗できなかった東京優駿以外のすべてのレースで騎乗した<ref>[[#頑ななまでに勝負に生きたサラブレッドの奇跡|頑ななまでに勝負に生きたサラブレッドの奇跡]][http://keiba.yahoo.co.jp/story/saikyou/tenpoint/story-7.html 第7話]</ref>。鹿戸はテンポイントの主戦騎手を勤めたおかげで名前が売れてジョッキーとして一人前になったとし、「僕をずっと乗せてくれた小川先生と高田オーナーには頭が上がりませんね。」と述べている<ref>[[#山田1998|山田1998]]、84頁。</ref>。
 
トウショウボーイは[[第22回有馬記念]]を最後に競走馬を引退して種牡馬となり、1992年に死亡した。死因はテンポイントと同じ蹄葉炎であった<ref>[[#サラブレッド101頭の死に方|サラブレッド101頭の死に方]]、150-151頁。</ref>。
 
=== 小川による坂路コース建設の訴え ===
1,226

回編集