「筒井城」の版間の差分

m
写真縮小化+福住中定城追加
m (→‎外部リンク: +Category)
m (写真縮小化+福住中定城追加)
img =画像:Tutuij1.jpg|
img_capt = 筒井城の石碑|
img_width =300px275px|
name = 筒井城|
pref = 奈良県|
[[畠山氏]]の家督争いをめぐる大和国の諸士にも大きな影響を与える事になる。この争いに筒井順永は[[畠山政久|畠山弥三郎]]に組みしていたが、[[康正]]元年([[1455年]])7月2日に畠山義就軍は筒井城を攻城し、[[成身院光宣]]、筒井順永兄弟は防戦したが緒戦で敗北した。
 
しかし、筒井城そのものは頑強に持ちこたえた。この戦いで大和国に点在する[[西大寺 (奈良市)|西大寺]]や[[興福寺]]等の寺院は脅え、同年8月10日には門を閉じてしまった。その事が呼び水になったのか、同日[[貝吹山城 (大和国)|貝吹山城]]にいた越智伊予守が出軍して、筒井城の攻囲軍に加わった。この頃箸尾氏、片岡氏は筒井氏の[[与力]]になっていて、[[箸尾城]]、[[片岡城]]を守っていたが、畠山義就、越智伊予守連合軍は圧倒的多数によって、これらの城も攻城した。各所で激戦となったようだが、同年8月19日に筒井城、箸尾城、片岡城は落城した。光宣、順永兄弟は[[福住村 (奈良県)|福住郷]]へ落ち延びていった。
 
その後、[[管領]]細川勝元の仲介によって、畠山義就、越智伊予守連合軍と和睦し、[[長禄]]3年([[1459年]])6月1日に光宣、順永兄弟と[[箸尾宗信]]は帰城することになり、筒井城にいた越智伊予守軍は城を去って行った。{{-}}
 
筒井順永の後は長男の[[筒井順尊]]が継いだが、[[越智家栄]]、[[古市氏]]連合軍は抜け目なく翌文明9年([[1477年]])1月に攻城してきた。この時筒井順尊はこれらを反撃する力はまだなく、『大乗院寺社雑記事』によると、
{{quotationCquote3|
十一日、夜筒井本城焼失|4=大乗院寺社雑記事
}}
と記載されている。その後順尊は未だ勢力圏にあった[[福住城]]に逃げ去って行った。
 
その後、同年10月改めて畠山政長軍に合力した筒井順尊は、箸尾氏らと共に[[河内国]]に出軍したが敗れ、大和国に引き返した。この敗戦がきっかけとなり越智党を勢いづけることになり、本格的に大和国を支配することになる。一方順尊は[[長享]]3年([[1489年]])7月22日に[[京都]]で客死してしまい弟の[[成身院順盛]]が順尊の遺児・[[筒井順賢]]の後見人として筒井氏を取り仕切ることになる。
* [[織田政権]]
* [[小泉城 (大和国)]] - 小泉城の柱が筒井城に使用されたとの伝承がある
* [[福住中定城]]
 
== 外部リンク ==
4,128

回編集