「60 Minutes」の版間の差分

編集の要約なし
放送開始は[[1968年]]。放送40年を超える長寿番組である。アメリカでもっとも人気のあるテレビニュースショーであり、ニュースショーの中で唯一[[エーシーニールセン]]社の年間平均[[視聴率]]調査のトップに立った実績がある<ref>4度、年間首位に立っている。1980・81年、83・84年、92・93年、93年・94年である。</ref>。[[日本]]においては後述の通り[[TBSニュースバード]]及びAFN-TVにおいて放映されている。
 
60分の中で3つのテーマを取り上げる「マガジン・スタイル(ニューズマガジン)」の番組で、それを意識してか画面いっぱいの「表紙」を背にしてスタジオコーナーは収録される。番組の最後にはアンディ・ルーニーによるコラムがある。
 
『60 Minutes』は、日本のテレビ番組にも影響を与えてきた。[[民間放送|民放]]各局が「報道元年」と位置付けた[[1980年]]には、[[TBSテレビ|TBS]]が『[[JNN報道特集]](現:[[報道特集 (TBS)|報道特集]])』、[[日本テレビ放送網|日本テレビ]]が『TV-EYE』、[[テレビ朝日]]が『ビッグニュースショー いま世界は』といった[[報道番組]]を放送開始。そのモデルとなったのが本番組であったとされている。なお、旧い文献は「60分」と記されている
 
== 出演者・スタッフ ==
マイク・ウォレスは番組開始当時から出演していたが、2006年に引退(2006年現在は名誉記者)。マイク・ウォレスとともに番組開始当時出演していた[[ハリー・リーゾナー]]は[[1991年]]に亡くなっている。かつては[[ダン・ラザー]]も出演していた([[1975年]] - [[1981年]])。また、彼が最後に出演した番組上では「グッドナイト・グッドラック」と代々続く言葉で締めくくったという。
 
『60 Minutes』の番組の創始者は、2006[[ドン・ヒューイット]]。ドン・ヒューイットは[[2004現在]][[6月]]をって降板し、後任としてジェフリー・フェーガーが、『60 Minutes』のエグゼクティブ・プロデューサーを務めにな[[ドン・ヒューイット]]
ドン・ヒューイットは[[2004年]][[6月]]をもって降板し、後任としてジェフリー・フェーガーが、『60 Minutes』のエグゼクティブ・プロデューサーになる。
 
== 60 Minutes II ==
1999年に『60 Minutes』の姉妹版となる『'''60 Minutes II'''』が放送開始(2005年に『'''60 Minutes Wednesday'''』に改称)。2003年に番組内で[[アメリカ軍]]による「[[アブグレイブ刑務所における捕虜虐待|イラク人虐待問題]]」をスクープ。
 
2005年9月に放送を終了した。終了の主たる理由のひとつとして[[ジョージ・ウォーカー・ブッシュ|ジョージ・W・ブッシュ]][[大統領]]の軍歴詐称疑惑報道が挙げられるがであり製作側取材した[[ダン・ラザー]]この理由を否定CBSから去っている。出演者やスタッフは『60 Minutes』に合流している。
 
== 日本での放送 ==