「古海卓二」の版間の差分

m
 
=== ローカル文化運動の時代 ===
[[1937年]](昭和12年)、映画監督を廃業、生家に戻り、実弟から一部譲り受けた鉄工所を経営する。[[1942年]](昭和17年)、「[[北九州文化連盟]]」幹事長となり当時同会の会長だった13歳下の[[芥川龍之介賞|芥川賞]]作家[[火野葦平]]を支える。この年、小説『日本剣客伝』を[[フクニチ新聞|福岡日日新聞]](現在の[[西日本新聞]])に連載する。[[1945年]](昭和20年)、[[第二次世界大戦]]終戦直前の7月、51歳で、火野のいた西部軍報道部に徴用され、経営していた工場は企業整備により閉鎖となる。
 
戦後[[1946年]](昭和21年)、「九州書店」を設立、代表取締役になる。同年6月『九州の百姓一揆』を刊行する。[[1948年]](昭和23年)に同社が解散、以降は著述業となる。[[1959年]](昭和34年)脳溢血で倒れる<ref name="古海" />。
40,665

回編集