「BDレコーダー」の版間の差分

→‎概要: 読みにく括弧書きの改善
(→‎パナソニック(旧:松下電器産業): グレードの低い順に並べ直す)
(→‎概要: 読みにく括弧書きの改善)
 
== 概要 ==
記録型[[光ディスク]]に記録できるレコーダーとしては、[[DVDレコーダー]]の次の世代にあたる。[[2003年]]に最初の製品が登場、[[2007年]]秋から本格的に普及が始まった(詳細は[[#沿革|沿革]]を参照)。DVDに比べ大容量(DVD比)の記録型Blu-ray Discにデジタル[[ハイビジョン]]放送を、ハイビジョン画質(有効走査線数1080本)のままで長時間記録できるのが最大の特徴である。
 
光ディスクへの記録方式としてはデジタル放送をそのままの形式([[MPEG-2]] TS)で記録型Blu-ray Discに記録するのが代表的だが、標準画質(有効走査線数480本、MPEG-2形式)に変換した映像をDVDレコーダーと同様に記録型DVDにて記録できるただし、一部の機種にはDVDへの録画機能は併載していないものもある。また、機種によっては[[MPEG-4 AVC]]で圧縮(後述)することで記録型Blu-ray Discに長時間記録する機能や記録型DVDにもMPEG-4 AVC圧縮したハイビジョン映像を記録可能な機能を持つものもある([[AVCREC]]の記事を参照のこと)を持つものもある<ref>BDレコーダー本来の主目的はあくまで記録型[[Blu-ray Disc]]([[BD-RE]]、[[BD-R]])にデジタル放送を含むハイビジョンの映像をそのまま記録することで、その他の機能の搭載はその機種が開発された時期的な事情やメーカーの戦略コンセプトの違いによる都合で異なる。</ref>。
 
ハイビジョン画質対応の[[テレビ受像機]](日本国内では主に[[薄型テレビ]])が一般家庭に普及しはじめ画面の大型化、高精細化が進んでいるのに伴い、BDレコーダーの今後の普及も期待されている。また様々な使い勝手の悪さからDVDレコーダーを敬遠していた消費者にも普及させようと取り組むメーカーもある{{要出典|date=2011年1月}}
 
2010年2月現在、日本国外では[[パナソニック]]が[[オーストラリア]]及び[[イギリス]]・[[フランス]](テレビ番組を録画・保存する習慣がある他地域)発売しているのみである<ref>[http://panasonic.net/blu-ray/ Blu-ray Disc Global] パナソニックグローバルサイトより</ref>が[[オーストラリア]]及び[[イギリス]]・[[フランス]]などで発売しているのみである{{要出典|date=2011年1月}}。[[アメリカ合衆国|米国]]では録画を記録メディアに残す習慣が浸透していないため、DVDレコーダー同様に発売は見込まれておらず、代わりに[[BDプレーヤー]]の普及拡大が予想されている
 
2008年以降はテレビ一体型のBDレコーダーも登場し始めている。テレビとBDレコーダーの接続が不要で、BDメディアをテレビにセットするだけで録画や再生ができる。さらにハードディスクドライブを搭載したモデルでは、テレビ単体で録画やBDへのダビングも可能である。
匿名利用者