「田辺貞之助」の版間の差分

編集の要約なし
(Cat+1)
'''田辺 貞之助'''(たなべ ていのすけ、[[1905年]][[1月30日]] - [[1984年]][[9月7日]])は、[[フランス文学者]]で多くの作品を翻訳家、[[埼玉医科大学]]名誉教授した
 
== 経歴 ==
現在の[[東京都]][[江東区]]に生まれる。1928年[[東京大学|東京帝国大学]]仏文科卒。[[暁星中学校]]講師、[[浦和高等学校]]教授を勤め、戦後は東教養学部助教授・教授、1966年に定年で退任後は、[[早稲田大学]]客員教授、[[埼玉医科大学]]教授を勤め、1976年に名誉教授となった
 
[[ユイスマンス]]、[[テオフィル・ゴーティエ|ゴーティエ]]ほか多数の[[幻想文学]]、また[[エミール・ゾラ|ゾラ]]、[[モーパッサン]]など[[自然主義文学]]作品を多数訳し、フランス艶笑譚の翻訳から近世小咄の研究に入って数多くの洒脱な随筆調のを数多くした。
現在の[[東京都]][[江東区]]に生まれる。1928年[[東京大学|東京帝国大学]]仏文科卒。[[暁星中学校]]講師、[[浦和高等学校]]教授を勤め、戦後は東大教養学部助教授・教授、1966年に定年後は、[[早稲田大学]]客員教授、埼玉医科大学教授を勤め、1976年に名誉教授。
 
[[ユイスマンス]]、[[テオフィル・ゴーティエ|ゴーティエ]]ほか多数の[[幻想文学]]、また[[エミール・ゾラ|ゾラ]]、[[モーパッサン]]など[[自然主義文学]]作品を訳し、フランス艶笑譚の翻訳から近世小咄の研究に入って数多くの洒脱な随筆調の著作を数多く出した。
 
== 著書 ==
匿名利用者