「CR機」の版間の差分

編集の要約なし
 
== 概要 ==
パチンコホールと言えば、今も昔も[[脱税]]の温床となっているのが実情であるが、その対策の建前として、全国共通のプリペイドカードによる売り上げ管理が有効とし、[[1990年]]に「当局の指導」という名目で導入が開始した。
* 東日本を地盤としたパッキーカードを販売していた[[日本レジャーカードシステム]](現在は[[三共 (パチンコ)|SANKYO]]系の[[日本ゲームカード]]に吸収合併される)の出資者に警察の共済組織「[[たいよう共済]]」がある。
CR機導入当初は、ホール内の販売機でプリペイドカードを購入後、パチンコ台横のカードリーダーに差し込んで遊技するシステムが主流であったが、残高が無くなるとカードを再購入するためにその都度席を離れなければならない、販売機の前で行列ができることがある、といった不便さから、現在ではこのシステムを採用しているホールは大都市ではまずなくなり、地方都市を中心にごく少数となった。
匿名利用者