「ソニー・ビーン」の版間の差分

→‎発端: 客観的記述の修正
(113.147.247.65 (会話) による ID:35547790 の版を取り消し)
(→‎発端: 客観的記述の修正)
=== 発端 ===
[[Image:Scotland.southwest.topo.jpg|thumb|left|300px|スコットランド南西部。南半分が[[ギャロウェイ]]地方。]]
『The Newgate Calender』によるとビーンはスコットランドの[[イースト・ロージアン]]で[[16世紀]]に生まれたとされる。父は庭造りや廃棄物処理等に従事し、ビーンも若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な[[性格]]であったためり、労働を嫌って家を飛び出した。そして、性悪な女と知り合って[[ギャロウェイ]](ブリテン島西岸の[[ノース海峡]]に面した半島。現[[サウス・エアシャイア]])付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の[[洞窟]]に暮らす様になった。洞窟の入口は、[[満潮]]時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。日々の生活の糧を得る為に、2人で共謀して、通り掛かる旅人を襲っては現金を奪い、しかも自分達の存在や犯行が露見しない様、必ず相手を殺したという。この様にして得た現金で食料品等を購入していたが、充分ではなく、飢えに迫られた彼等は、殺した人間の肉を食べる事を始めたとされる。
 
=== 大家族の形成 ===
68

回編集