「アンドレア・ドウォーキン」の版間の差分

m (link)
 
==概要==
1960年代から平和運動や[[アナーキズム]]に関わるが、[[左翼]]の中にもひそむ女性への暴力に気づく。[[オランダ]]に渡り、結婚生活を送るが、夫からの暴力を受け、1970年代初頭より[[ラディカル・フェミニスト]]として活発に活動するようになる。[[ポルノ]]や売春の暴力性を訴え、[[キャサリン・マッキノン]]とともに反[[ポルノグラフィ]]運動を行う。終生女性に対する暴力に抗議を続けた。文芸批評ではにおいても著名な男性作家、その代表作で、レイプや性暴力をエロティックに肯定しているを指摘糾弾ている
 
[[ラディカル・フェミニズム]]が主張に「ポルノの撲滅」組み入れ象徴すきっかけとなった人物であるが、その急進的な主張には反フェミニズムのみならず[[リベラル・フェミニズム]]からも批判を受けている<ref>例えばA. SnitowとP. Califiaの『ポルノと検閲』やN. Strossenの『ポルノグラフィ防衛論』を参照。</ref><ref>[http://clinamen.ff.tku.ac.jp/CENSORSHIP/Porn/porn_art_2.html ポルノをめぐる諸問題ーー反ポルノ派フェミニズム批判]。 [[ラディカル・フェミニズム]]の反ポルノ運動が、1970年代以降の新保守主義による右からのポルノ規制や性に対する抑圧と結合することへの批判が語られる。</ref>。しかし、そのポルノ批判や男性の暴力に対する強力な批判には、一方で共感や支持も少なくないのも確かである<ref>{{cite web|url=http://www.timesonline.co.uk/tol/news/world/article381977.ece|title=Right hails Dworkin sex campaign|date=2005年|accessyear=2009年|accessdate=9月12日|author=Sarah Baxter}}</ref>。
 
==思想==
匿名利用者