「クイーン (護衛空母)」の版間の差分

少し加筆
m (ロボットによる 追加: vi:HMS Queen (D19))
(少し加筆)
セント・アンドルーズは海事委任契約の下[[ワシントン州]][[タコマ (ワシントン州)|タコマ]]の[[シアトル・タコマ造船所]]で1943年3月12日に起工された。1943年7月15日に CVE-49(護衛空母)に艦種変更され、1943年7月31日にロバート・W・モース夫人によって進水した。1943年12月7日にレンドリース法に基づきイギリス海軍へ引き渡され、同日クイーン (''HMS Queen, D19'') の艦名でイギリス海軍で就役した。
 
クイーンは1944年を北[[大西洋]]で活動し、アメリカからイギリスへ兵員や物資を運搬する船団の護衛に従事した。1945年の前半には[[太平洋]]戦線へ移動した。
 
1945年になるとノルウェー沿岸での[[機雷]]敷設や船舶攻撃作戦に参加。続いて5月にはソ連へ向かう[[JW67船団]]とソ連から戻る[[RA67船団]]を護衛した。1945年末にはインド洋へ移動した。
 
戦争が終了するとクイーンは1946年10月31日に[[バージニア州]][[ノーフォーク (バージニア州)|ノーフォーク]]に帰還、イギリス海軍を退役しアメリカ海軍へ返還された。1947年7月に除籍され、[[アムステルダム]]の ''N.V. Stoomv, Maats, Nederland Co.'' に売却、1947年7月29日に '''Roebiah''' と改名された。その後1967年に '''President Marcos'''、1972年に '''Lucky One''' と改名され、1972年に[[台湾]]でスクラップとして廃棄された。
*[[イギリス海軍護衛空母一覧]]
*[[アメリカ海軍護衛空母一覧]]
==参考文献==
 
*David Hobbs, ''Royal Navy Escort Carriers'', Maritime Books, 2003, ISBN 0907771998
 
== 外部リンク ==
15,740

回編集