「レオン・ボットスタイン」の版間の差分

1946年12月14日
(1946年12月14日)
{{クラシック音楽}}
'''レオン・ボットスタイン'''('''Leon Botstein''', [[1946年]][[12月14日]] - )は[[アメリカ合衆国]]の[[音楽学者]]・[[教育学者]]・[[指揮者]]・音楽雑誌[[編集者]]。[[ユダヤ系]]アメリカ人。研究者としては[[ヨハネス・ブラームス|ブラームス]]から[[アルノルト・シェーンベルク|シェーンベルク]]に至る「[[世紀末ウィーン]]」の音楽を専門としているが、指揮者としては[[オーストリア]]の音楽のほかに、[[20世紀]]初頭の忘れられた[[ロシア]]音楽の再評価に取り組んでいる。
 
[[1970年]]から[[1975年]]までフランコニア大学(現在は廃校)学長に就任し、アメリカ合衆国の大学の歴史上、最も若い学長になった。1975年より[[ニューヨーク州]]サイモンズ・ロック大学の[[芸術学]]・[[人文学]]教授。音楽学者として数多くの雑誌論文を発表してきたほか、教育学研究においても多くの著書がある。現代アメリカの[[自由主義|リベラル派]]知識人に多く見られる、行動する識者のひとりである。
24,187

回編集