「三浦盛時」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
'''三浦 盛時'''(みうら もりとき 生没年不詳)は、[[鎌倉時代]]中期の武[[鎌倉幕府]][[御家人]]。[[三浦氏]][[佐原氏|佐原]]流の出身。父は[[佐原盛連]]、母は[[矢部禅尼]]。弟に光盛、時連がいる。
 
== 生涯 ==
[[1232年]]、[[九条頼経]]が鶴岡八幡宮に参詣するさい供奉人として参列したのが史料の初見となる。[[1241年]]、頼経が[[明王院]]北斗堂の供養の為行列を組んだ時は御家人役の一人に名が見える。宝治合戦後の[[1247年]]、[[京都大番役]]の再編の際には三浦介として御家人役の分担し、1252年、[[宗尊親王]]が鶴岡八幡宮に参詣した際には後陣の随兵として名が見える。
 
盛時の母矢部禅尼は、最初[[北条泰時]]に嫁いでいたが、離縁して[[佐原盛連]]に再縁したという経緯を持つ。両者との間に[[北条時氏]]、盛時ら兄弟を設けており、盛時は時氏と異父兄弟の関係にあった。それゆえ得宗との血縁的な結びつきが強かった。
 
1263年、時頼が没すると、弟の光盛、時連と揃って出家した。
 
 
== 脚注 ==
{{Reflist}}
<references />
 
== 参考文献 ==
*奥富敬之「時頼と時宗」(NHK出版)
*北条氏研究会「北条氏系譜人名辞典」(新人物往来社)
 
== 関連項目 ==
*[[宝治合戦]]
 
{{DEFAULTSORT:みうら もりとき}}
[[Category:三浦氏]]
[[Category:鎌倉時代の武士]]
[[Category:三浦氏]]
[[Category:佐原氏]]
3,661

回編集