「MSX-AUDIO」の版間の差分

編集の要約なし
{{独自研究|date=2010年3月}}
[[ファイル:Y8950_01.jpg|thumb|Y8950]]
'''MSX-AUDIO'''(エムエスエックス・オーディオ)は、1986年に発表されたMSXの拡張音源の規格名、もしくはおよびFM音源チップ''Y8950''の名称である<ref name="meioption">「早すぎた迷オプション MSX-AUDIO」『MSX MAGAZINE 永久保存版 2』アスキー書籍編集部編著、アスキー、2003年、pp.148-151。</ref>。
 
== YAMAHA Y8950 ==
 
チップ表面にMSXロゴが印刷されているが、実際にはMSX以外でも利用されている。
SNE(SNE(シスネット)のサウンドオーケストラV/サウンドオーケストラVSや、UNICA(ユニカサウンド)のUB-1といった[[PC-9801]]用サウンドボード、[[MZ-2861]]用のADPCMボードMZ-1E35、アーケード基板などにも搭載された実績がある。
 
基本的な操作法は他の4オペレータFM音源と差違はないが、「サスティン・レベル」<ref>音量の減衰速度が「ディケイ」値から「サスティン」値に切り替わる閾値である[[ADSR]]サスティン・レベルも参照</ref>が存在しない、一部パラメータの[[bit]]が少なくなっている、などの違いがある。後発のMSX-MUSIC([[FM-PAC]])で使われている''[[YM2413]]''(OPLL)より制限が緩く、演奏の自由度は高いが、音色の質自体はほぼ同等である。詳しくはこの項目、および、FM-PACで挙げられているYAMAHAの参考文献を参照。
 
ADPCMの機能はMSX-AUDIO規格による外付けではなく、Y8950が内包している機能。1.8KHz - 16KHzで[[サンプリング]]でき、1.8KHz - 50KHzで再生可能で、音階が付けられる。波形メモリとして、最大256KBの[[Dynamic Random Access Memory|DRAM]]を実装可能であるが、必須ではない。データは8bit[[PCM]]であるが、内部では4bit[[ADPCM]]データとして処理される<ref>Y8950 APPLICATION MANUAL(MSX-AUDIO) YAMAHA</ref>。
 
== MSX-AUDIO ==
もともとはMSX2の次期規格で標準音源として開発されたもので、MSX-AUDIOというのは規格名である<ref name="nishi">「西和彦Special Interview 次期MSXの全貌 ユビキタスMSXが焦点」『MSX MAGAZINE 永久保存版 2』アスキー書籍編集部編著、アスキー、2003年、pp.50-51.</ref>。
 
しかし標準搭載される音源とはならずにMSX2のオプション規格として、規格を発表した[[1986年]]から1年後の[[1987年]]からMSXの[[スロット]]に挿入するカートリッジの形態の周辺機器が、松下電器から FS-CA1 MSX AUDIO UNIT、フィリップスより NMS-1205 Muziekmodule(ミュージックモジュール)、東芝より HX-MU900 MSX MUSIC SYSTEM していう名称で発売された<ref>[http://www.faq.msxnet.org/msxaudio.html The Ultimate MSX FAQ -AUDIOはその値段の高さから日本国内ではほとんど普及せず、その後PCM音源機能などが削除された廉価版の[[FM-PAC| MSX-MUSIC Audio section]](YM2413)が普及、事実上の標準音源となった</ref>
[[1987年]]発売の MSX AUDIO UNIT が34,800円なのに対して、[[1988年]]発売の[[MSX-MUSIC|FM Pana Amusement Cartridge]] は7,800円であった<ref name="meioption" /><ref name="nishi" />。
 
[[1987年]]に松下電器産業(当時)から発売された MSX AUDIO UNIT は34,800円という値段の高さから日本国内ではほとんど普及しなかった。その後PCM音源機能などが削除され[[1988年]]に7,800円で発売された[[FM-PAC|MSX-MUSIC]](YM2413)規格の[[MSX-MUSIC|FM Pana Amusement Cartridge]]が普及、事実上の標準音源となった<ref name="meioption" /><ref name="nishi" />。
よく間違われるが、MSX-AUDIOというのは規格名であり、 MSX AUDIO UNIT というのが松下電器産業(当時)から発売された音源カートリッジの名称である。
松下電器から FS-CA1 MSX AUDIO UNIT、フィリップスより NMS-1205 Muziekmodule(ミュージックモジュール)、東芝より HX-MU900 MSX MUSIC SYSTEM という名称で発売された<ref>[http://www.faq.msxnet.org/msxaudio.html The Ultimate MSX FAQ - MSX Audio section]</ref>。
 
== FS-CA1 ==
出力端子は[[RCA端子]]が2チャンネル分用意されているが、MSX-AUDIOはモノラル音源であるため、内部では1チャンネルに結線されている。それとは別にPCM録音用[[フォーンプラグ|標準プラグ]]と[[鍵盤]]を接続する端子も用意されている。
 
サンプリングデータを64KBの[[Read Only Memory|ROM]]に18種搭載していたほか、拡張BASICやシンセアプリケーションを内蔵していたが、ROMのサンプリングデータはほとんどが[[効果音]]で(犬や猫の鳴き声、[[ゴルフ]]スイングなど)ほとんどが[[効果音]]で、楽曲作成に向いた物ではなかった。
 
当時はRAMの価格が高かったためか、価格も34800円と、MSX本体に迫るものとなっている。上述の特異な形状の問題もあり、あまり普及はしなかった<ref name = "gmp" />。
匿名利用者