「アサンドロス」の版間の差分

編集の要約なし
m (ロボットによる 追加: vi:Asander)
'''アサンドロス'''(希:Άσανδρoς、ラテン文字転記:Asandros、英:Asander、[[紀元前4世紀]])は[[アレクサンドロス3世]]に仕えた[[将軍]]であり、彼の死後の[[ディアドコイ]]の一人である。
 
== アレクサンドロスので ==
 
アサンドロスは[[マケドニアのフィロタス|フィロタス]]の子であり、[[フィリッポス2世]]、アレクサンドロス3世の二代に亘って仕えた重臣[[パルメニオン]]の兄弟である。彼はアレクサンドロスの東征に参加し、[[紀元前324年]]の[[サルディス]]無血占領時には王によって[[スピトリダテス]]([[アケメネス朝|ペルシア]]王[[ダレイオス3世]]下の[[リュディア]]・[[イオニア]][[太守]])の太守領であったリュディアとその他の太守に任じられ、同時に支配を維持するのに十分なだけの[[騎兵]]と[[ペルタスト|軽装歩兵]]とその指揮権もまた与えられた。([[<ref>リアノス]]、『アレクサンドロス大王東征記』Ⅰ、17), I, 17</ref>[[紀元前328年]]の初めにはアサンドロスと[[ネアルコス]](当時は[[リュキア]]、[[パンピュリア]]太守)はギリシア人[[傭兵]]をその時[[ザリアスパ]]にいた王の元まで引率してきた。(ibid、Ⅳ、7)<ref>ibid, IV, 7</ref>
 
== アレクサンドロス死後、そしてディアドコイ戦争 ==
 
[[紀元前323年]]のアレクサンドロスの死後の帝国の属領と地位の分割([[バビロン会議]])では、アサンドロスは[[カリア]]の太守位を得た<ref>ディオドロス, XVIII. 3</ref>[[摂政]]の[[ペルディッカス]]とに不満を持つ諸将との間で戦争が起こると、[[アンティパトロス]]の下で[[によって派遣されたアサンドロスはペルディッカス]]派の将軍[[アッタロス (アンドロメネスの子)|アッタロス]]、[[アルケタス (オロンテスの子)|アルケタス]]と戦ったが、彼らに敗れた<ref>フォティオス, cod. 92</ref>しかし、ペルディッカス亡き後の[[紀元前321年]]に開かれた[[トリパラディソスの軍会]]([[紀元前321年]])アサンドロスこれまでの地位を維持した<ref>ディオドロス, XVIII. 39</ref><ref>フォティオス, cod. 92</ref><ref>ユスティヌス, XIII. 4</ref>
 
[[紀元前315年]]、小アジアでの[[アスクレピオドロス]]([[カッサンドロス]]の将軍)、アサンドロスに対してアンティゴノスが甥の[[プトレマイオス (アンティゴノスの甥)|プトレマイオス]]を小アジアに送ると、アサンドロスは[[プトレマイオス1世]]からの援軍を受けつつプトレマイオスと戦った<ref>ディオドロス, IX. 62, 68</ref>。
[[紀元前317年]]、[[フリュギア]]太守[[アンティゴノス1世|アンティゴノス]]が[[ペルシア]]や[[メディア]]での[[カッパドキア]]太守[[カルディアのエウメネス|エウメネス]]との戦いで忙しかった間、アサンドロスは[[小アジア]]での勢力を増大し、後に[[プトレマイオス1世|プトレマイオス]]、[[カッサンドロス]]によって結成された対アンティゴノス同盟のメンバーにもなった。[[紀元前315年]]、エウメネスを下したアンティゴノスがアサンドロスの同盟者に対する作戦行動を開始した時、アンティゴノスはアミソス(現[[トルコ]]の[[サムスン (都市)|サムスン]])を救出し、侵攻したアサンドロスの兵をカッパドキアから追放するために兵を預けて甥の[[プトレマイオス]]([[:en:Ptolemy (general)]])を送ったが、アサンドロスはプトレマイオスとカッサンドロスに助けられつつ[[紀元前313年]]まで占領地を維持した。しかしその後、アンティゴノスは彼に対して進撃して彼を降伏させ、全軍を拘束した。これによってアンティゴノスはアサンドロスに対して沿岸のギリシア都市の自由を復活させ、カリアの太守位をアンティゴノスに譲り、人質として兄弟の[[アガトン (フィロタスの子)|アガトン]]を差し出すという条件の講和の締結を強いた。しかし数日後アサンドロスはこの屈辱的な協定を破り、アンティゴノスの手からアガトンを取り戻そうとし、プトレマイオスと[[セレウコス1世|セレウコス]]に助力の使節を送った。アンティゴノスはアサンドロスのこの行動に憤慨し、すぐに軍を送り、アンティゴノスによってカリアは征服された。この時を境にアサンドロスは歴史の表舞台から消え、その後の彼の消息は不明である。
 
[[紀元前317313]][[フリュギア]]太守[[アンティゴノス1世|アンティゴノス]]が[[ペルシア]]や[[メディア]]での[[カッパドキア]]太守[[カルディアのエウメネス|エウメネス]]との戦いで忙しかった間、アサンドロスは[[小自らジア]]での勢力を増大し、後に[[プトレマイオス1世|プトレマイオス]]、[[カッサンドロス]]よって結成されたアンティゴノス同盟のメンバーにもなった。[[紀元前315年]]、エウメネスを下たアンティゴノスがアサンドロスの同盟者に対する作戦行動て軍開始した時、アンティゴノスはアミソス(現[[トルコ]]の[[サムスン (都市)|サムスン]])を救出し、侵攻したアサンドロスの兵をカッパドキアから追放するために兵を預け率い甥の[[プトレマイオス]]([[:en:Ptolemy (general)]])を送ったが向いアサンドロスはプトレマイオスとカッサンドロスに助けられつつ[[紀元前313年]]まで占領地を維持した。しかしその後、アンティゴノスは彼に対して進撃して彼を降伏させ、全軍を拘束した。これによってアンティゴノスはアサンドロスに対して沿岸のギリシア都市の自由を復活させ、カリアの太守位をアンティゴノスに譲り、人質として兄弟の[[アガトン (フィロタスの子)|アガトン]]を差し出すという条件の講和の締結を強いた。しかし数日後アサンドロスはこの屈辱的な協定を破り、アンティゴノスの手からアガトンを取り戻そうとし、プトレマイオスと[[セレウコス1世|セレウコス]]に助力の使節を送った。アンティゴノスはアサンドロスのこの行動に憤慨し、すぐに軍を送り、アンティゴノスによってカリアは完全に征服された<ref>ibid, XIX. 75</ref>。この時を境にアサンドロスは歴史の表舞台から消え、その後の彼の消息は不明である。
 
== 註 ==
 
 
{{Reflist}}
 
== 参考文献および参考URL ==
*[[アッリアノス]]著、大牟田章訳、『アレクサンドロス大王東征記』(上)(下)、[[講談社]]、2001年
* [http://penelope.uchicago.edu/Thayer/E/Roman/Texts/Diodorus_Siculus/home.html ディオドロスの『歴史叢書』の英訳版]
* [http://www.tertullian.org/fathers/photius_03bibliotheca.htm フォティオスのBibliothecaの英訳]
*[[ポンペイウス・トログス]]著、[[ユニアヌス・ユスティヌス]]抄録、合阪学訳、『地中海世界史』、[[京都大学学術出版会]]、1998年
 
{{DEFAULTSORT:あさんとろす}}
[[Category:古代マケドニア王国の人物]]
[[Category:ディアドコイ戦争]]
[[Category:古代ギリシアの人物]]
 
[[ca:Asandre de Cària]]
3,146

回編集