「MSX-AUDIO」の版間の差分

Y8950の写真をYAMAHA Y8950に移動
(Y8950の写真をYAMAHA Y8950に移動)
{{出典の明記|date=2010年3月}}
{{独自研究|date=2010年3月}}
[[ファイル:Y8950_01.jpg|thumb|Y8950]]
'''MSX-AUDIO'''(エムエスエックス・オーディオ)は、1986年に発表されたMSXの拡張音源の規格名、およびFM音源チップ''Y8950''の名称である<ref name="meioption">「早すぎた迷オプション MSX-AUDIO」『MSX MAGAZINE 永久保存版 2』アスキー書籍編集部編著、アスキー、2003年、pp.148-151。</ref>。
 
== YAMAHA Y8950 ==
[[ファイル:Y8950_01.jpg|thumb|Y8950]]
''Y8950''は2オペレータ、9チャンネル、[[モノフォニック]]のFM音源であり、OPLを拡張したものである。オペレータが2つしかないため、オペレータ接続は直列・並列の2種のみである。CSM(複合正弦波モデル)による音声合成機能が存在する<ref name="meioption" />。