「ほんやら洞 (喫茶店)」の版間の差分

出町柳と国分寺を分け、各店舗の関連性に関する事項を概要節とし、叙述を整理
(出町柳と国分寺を分け、各店舗の関連性に関する事項を概要節とし、叙述を整理)
'''ほんやら洞'''(ほんやらどう)は、[[京都府]][[京都市]]、[[東京都]][[国分寺市]]などにある[[喫茶店]]。各店の名称は、多くの場合、[[つげ義春]]の短編漫画「[[ほんやら洞のべんさん]]」(初出:[[1967年]]6月「[[ガロ (雑誌)|ガロ]]」)<ref>「[[ほんやら洞]]」の元々の意味は、[[秋田県]]の「[[かまくら]]」と同様の[[新潟県]]・魚沼地方の伝統行事、またはそのなかでつくられる雪洞のこと。</ref>に由来する<ref>[http://honyarado-kyoto.cool.ne.jp/ 「ほんやら洞の由来」] ほんやら洞・[[甲斐扶佐義]]のホームページ参照。なお、[[ほんやら洞]]や[[かまくら]]の伝統行事のある新潟県、長野県にも、同名の喫茶店・旅行者向けの宿舎がある。</ref>。
 
== 概要 ==
「ほんやら洞」を名乗る喫茶店のルーツとなった[[京都市]][[出町柳]]の店は、[[ライブラリー]]兼会議室と1972年に開業て設けられ2階に文化活動のためのスペースがあり、開を備えるこの以来文化多くの詩らのミーティング、美術家、音楽家、文化人たちの個展、[[シンガーソングライター]]の[[岡林信康]]、[[中川五郎]]、[[浅川マキ]]らの[[ライブ]]などよって利用されてき、文化の発信拠点となった。文化を意識した店づくりは、今日のブックカフェ、ギャラリーカフェなどに代表される[[カフェ]]文化の先駆けとなるものでもあった。
===伝説の喫茶店===
このうち、「ほんやら洞」を名乗る喫茶店のルーツとなった[[京都市]]の[[出町柳]]([[上京区]]今出川通寺町西入ル)にある店は、休業中だった喫茶店を買取って、[[1972年]]春、[[シンガーソングライター]]の[[岡林信康]]ら<ref>他に、室謙二、早川正洋、中尾ハジメ、[[甲斐扶佐義]]、[[中山容]]、[[片桐ユズル]]ら協力した。</ref>[[ミュージシャン]]、[[文化人]]、市民たちの募金と労務提供<ref>『就職しないで生きるには』1998年、晶文社)- レイモンド・マンゴー訳者 中山容の「あとがき」</ref>によって、開店された。
 
国分寺の「ほんやら洞」は、京都・出町柳の店に関わったメンバーによって開設・経営されており、出町柳の店と共通する文化性・開放性を特徴としている。
[[京都市]]の店では、[[詩人]]たちが自作の詩の朗読を行い、その録音がレコードや書籍となったことや[[シンガーソングライター]]の[[岡林信康]]、[[中川五郎]]、[[浅川マキ]]らの[[ライブ]]が行われ、[[吉田拓郎]]や[[下田逸郎]]が顔を見せた<ref>[http://honyarado-kyoto.cool.ne.jp/cn20/rensai_01.html 「まえがき」] - [[甲斐扶佐義]] 京都ほんやら洞'68〜'74 連載1</ref>こと、当時よく読まれていた音楽雑誌に同店のスタッフであった[[古川豪]]や早川正洋の日記が連載された<ref>[http://www3.ocn.ne.jp/~f.go/subpage012.html 古川豪プロフィール]</ref><ref>[http://bakkers.gr.jp/~lami/rabi/doc/ref.html 中山ラビ参考資料]</ref>ことなどによって、来店経験がなくても、店の名前や存在を知る人も少なくない。
 
また、経営母体が単一ではないが、京都・[[西陣]]<ref>[http://honyarado-kyoto.cool.ne.jp/ 前掲「ほんやら洞の由来」]</ref>にも姉妹店があり、店の2階はギャラリーになっている。
[[国分寺市]]の店も[[シンガーソングライター]]の[[中山ラビ]]が[[1977年]]から経営し、[[作家]]の[[花村萬月]]<ref>[http://www.geocities.co.jp/Milkyway-Kaigan/1101/harukiML.htm 2000年7月10日] 春樹ML</ref>、[[漫画家]]の[[いしかわじゅん]]<ref>[[いしかわじゅん]]の項目参照。</ref>らが常連だったことでそれぞれの読者から注目を集めた。いしかわは、中山ラビをモデルにして自作の漫画のキャラクターを書いている<ref>前掲[[いしかわじゅん]]の項目参照。</ref>。
 
== 京都・出町柳の「ほんやら洞」 ==
===文化の発信拠点として===
===伝説の喫茶店===
[[京都市]]・[[出町柳]]の店には、[[ライブラリー]]兼会議室として設けられた2階スペースがあり、開店以来、文化人らのミーティング、美術家たちの個展、[[シンガーソングライター]]の[[岡林信康]]、[[中川五郎]]、[[浅川マキ]]らの[[ライブ]]などに利用されてきた。文化を意識した店づくりは、今日のブックカフェ、ギャラリーカフェなどに代表される[[カフェ]]文化の先駆けとなるものでもあった。
このうち、「ほんやら洞」を名乗る喫茶店のルーツとなった[[京都市]]の[[出町柳]]([[上京区]]今出川通寺町西入ル)にある店の「ほんやら洞」は、休業中だった喫茶店を買取って、[[1972年]]春、[[シンガーソングライター]]の[[岡林信康]]ら<ref>他に、室謙二、早川正洋、中尾ハジメ、[[甲斐扶佐義]]、[[中山容]]、[[片桐ユズル]]ら協力した。</ref>[[ミュージシャン]]、[[文化人]]、市民たちの募金と労務提供<ref>『就職しないで生きるには』1998年、晶文社)- レイモンド・マンゴー訳者 中山容の「あとがき」</ref>によって、開店された。
 
[[京都市]]の店では、[[詩人]]たちが自作の詩の朗読を行い、その録音がレコードや書籍となったことや[[シンガーソングライター]]の[[岡林信康]]、[[中川五郎]]、[[浅川マキ]]らの[[ライブ]]が行われ、[[吉田拓郎]]や[[下田逸郎]]が顔を見せた<ref>[http://honyarado-kyoto.cool.ne.jp/cn20/rensai_01.html 「まえがき」] - [[甲斐扶佐義]] 京都ほんやら洞'68〜'74 連載1</ref>こと、当時よく読まれていた音楽雑誌に同店のスタッフであった[[古川豪]]や早川正洋の日記が連載された<ref>[http://www3.ocn.ne.jp/~f.go/subpage012.html 古川豪プロフィール]</ref><ref>[http://bakkers.gr.jp/~lami/rabi/doc/ref.html 中山ラビ参考資料]</ref>ことなどによって、来店経験がなくても、店の名前や存在を知る人も少なくない。
 
=== 文化の発信拠点として ===
この店には、[[ライブラリー]]兼会議室として設けられた2階スペースがあり、開店以来、文化人らのミーティング、美術家たちの個展、[[シンガーソングライター]]の[[岡林信康]]、[[中川五郎]]、[[浅川マキ]]らの[[ライブ]]などに利用されてきた。
 
===『ほんやら洞の詩人たち』出版===
同店は、当時すでに下火となりつつあった[[学生運動]]、[[関西フォーク]]に関わる学生・若者らにとっての名所<ref>「新版 京都音楽空間」書評 2007年5月6日「京都新聞」</ref><ref>[http://www.asahi.com/kansai/travel/ensen/OSK200806070021.html 〈ぷらっと沿線紀行〉「学生街 ときめき始発駅 叡山電鉄 出町柳駅」] asahi.com 関西 2008年6月7日</ref><ref>古川豪によれば、[http://www3.ocn.ne.jp/~f.go/photokan002.html 「過激派の温床になっているとか、あらぬ噂がたった」]というので、「救済コンサート」が開かれたという。</ref>となり、様々な文献にその名前が残され、語り草となっている。
 
== 国分寺の「ほんやら洞」 ==
==共通する文化性・開放性==
[[国分寺市]]の店は、京都・出町柳の店舗づくりの中心メンバーだった早川正洋が同様のコンセプトでつくり、1974年頃に中山容が買い取って、たものである。京都の店のコンセプトを熟知する[[シンガーソングライター]]の[[中山ラビ]]その後、[[1977年]]から経営している。[[作家]]の[[花村萬月]]<ref>[http://www.geocities.co.jp/Milkyway-Kaigan/1101/harukiML.htm 2000年7月10日] 春樹ML</ref>、[[漫画家]]の[[牧野伊三夫いしかわじゅん]]<ref>[[いしかわじゅん]]が店看板をつく項目参照。</ref>らが常連だており、れま若手それぞれ美術家読者から注目を集めた。いしかわは、中山ラビをモデルにして自作個展など漫画会場となキャラクターを書いていこともあった<ref>前掲[[いしかわじゅん]]の項目参照。</ref>
 
[[画家]]の[[牧野伊三夫]]が店の看板をつくっており、これまで若手の美術家の個展などの会場となることもあった。
また、経営母体が単一ではないが、京都・[[西陣]]<ref>[http://honyarado-kyoto.cool.ne.jp/ 前掲「ほんやら洞の由来」]</ref>にも姉妹店があり、店の2階はギャラリーになっている。
 
==注==