メインメニューを開く

差分

誤字訂正
この立場では、ソ連などの既存の[[社会主義国家]]は「社会主義体制」ではなく、また、[[レフ・トロツキー]]が定式化した「官僚的に歪められ、堕落した[[労働者国家]]」でもない「赤色帝国主義」(社会帝国主義)あるいは「[[国家資本主義]]」であり、[[労働者]]は被支配階級であるとの認識に立つ。そして、'''資本主義国家での支配階級は[[独占資本]]であり、「スターリニストが支配する自称"社会主義国家"」での支配階級は「[[党官僚]]」と'''主張する。それゆえ反スターリン主義は、[[ソビエト連邦]](ソ連)や[[東ヨーロッパ|東欧]]、[[中華人民共和国]]([[中国]])、[[朝鮮民主主義人民共和国]](北朝鮮)等の既存の社会主義を全否定する。あるいは、共産党が権力に就いていない国においても、「共産党が間違った理論・方針で大衆を組織しているから革命が起きない。既存共産党は革命の阻害物であり、国家権力と同等の敵」と規定し、共産党を打倒して取って代わる革命政党を建設しなければ革命は起きない、とする。
 
これは「ソ連 = [[国家資本主義]]」論に立つ点ではイギリスのトニー・クリフなどの[[左翼共産主義]]と共通するが、黒田寛一は既成の在野の共産党も含めて「労働者階級の敵」と規定する点が異なる。革マル派および中核派は、このような理論と運動は世界の革命運動においても日本にしか存在しないとし、それをもって「反スターリン主義の党派が存在するゆえに日本の革命運動は最も先進的である」とする。革マル派は「世界に冠たる反スタ主義(もしくは黒田思想)」、中核派は「日本革命を世界革命の突破口に」という表現を、各派の機関紙などで使われている。また、革マル派および中核派は「世界革命」を最終目標に掲げているが、[[第四インターナショナル]]のような国際革命組織に加盟したり、あるいはあらかじめ自らの国際組織を形成するのではなく、自派主導の「日本革命」を成功させ、その権威で国際組織を形成して革命を世界広げる、という方針を掲げる。
 
日本の[[新左翼]]は一部の[[構造改革]]派を除き、総じて「スターリン主義」を批判する立場にある。[[共産主義者同盟]]は、[[スターリニズム|スターリン主義]]の本質は帝国主義の補完物であると捉えており、[[帝国主義]]が倒れたならばスターリン主義も崩壊するとする。スターリン主義を帝国主義と同等の打倒対象として明確に「反スターリン主義」を掲げているのは、[[日本革命的共産主義者同盟革命的マルクス主義派]](革マル派)と、[[革命的共産主義者同盟全国委員会]](中核派)である。そこでは、ソ連や中国、北朝鮮、[[ベトナム]]、[[キューバ]]などの既存の[[社会主義]]を[[労働者国家]]とは認めず、[[党官僚]][[専制]]支配国家として打倒対象とする。革マル派のように反帝国主義よりも、反スターリン主義を優先させる傾向もある。「反スターリン主義者」からすれば、[[コミンテルン]]の系譜に属する[[日本共産党]]は、スターリン主義政党であり打倒対象にされる。
匿名利用者