「かんてんぱぱ」の版間の差分

m
*あら熱をとった後、冷蔵庫に入れて凝固させ出来上がり
 
金属製のボールを使うと熱いのでガラスや耐熱樹脂のボールを使うのがよい。また従来の粉寒天のように煮立ててしまうと固まらなくなることがあるので注意が必要。急いで固めなければならないときでも、冷蔵庫にそのまま入れると冷蔵庫の中に高温のものを入れることとなりよくない。そういったときにはトレーなどの平たい容器に水を張りその中に型ごといれて冷ますと良い。(寒天は温度によって固まるので温度を下げるとすぐに凝固してくる)
 
必要に応じて型に流し入れる前に、カットフルーツなどを入れたり(フルーツゼリーの場合)コクを出すための牛乳(杏仁豆腐の場合)などをいれても良い。この時、冷蔵庫で冷えた状態のものを投入すると、接した部分から急速に冷えて均一に混ざらない事があるので、一度常温に戻してから入れるとよい。
 
植物性であるため、一般にゼラチンを使ったゼリーの場合は固まらなくなるため禁忌とされるパイナップルやキウイフルーツなどタンパク質分解酵素が入ったものを入れても固まる。
また従来の煮溶かす寒天とくらべても、煮る工程がないため、煮溶かすタイプの寒天で一緒に煮立ててしまうと酸性が強く固まらなくなることがあるレモン等を入れても失敗なく固めることが出来る。
 
234

回編集