「デンマーク王立図書館」の版間の差分

m
編集の要約なし
(en:Royal Danish Library(2011年1月17日 2:36:18(UTC))の翻訳)
タグ: 参考文献(出典)に関する節がない記事の作成
 
m
{{Infobox Library
| library_name = デンマーク王立図書館<br />Det Kongelige Bibliotek
| name_en = The Royal Library, The National Library of Denmark and Copenhagen University Library
| library_logo = <!-- [[ファイル:Royal Danish Library Logo4.jpg]] -->
| phone_num =
}}
[[ファイル:Det Kongelige Bibliotek.jpg|thumb|デンマーク王立図書館。1906年から使われている[[スロッツホルメン]]にある建物を北西から見たところ]]
 
'''デンマーク王立図書館'''(Det Kongelige Bibliotek)は[[コペンハーゲン]]にある[[デンマーク]]の国立[[図書館]]であり、[[コペンハーゲン大学]]の大学図書館である。[[北欧諸国]]でも最大の図書館の一つ<ref>[http://www.denstoredanske.dk/Kunst_og_kultur/Bog-_og_biblioteksv%C3%A6sen/Videnskabelige_og_faglige_biblioteker/Det_Kongelige_Bibliotek Den store danske: Det kongelige bibliotek] {{Da icon}}</ref>。
 
== 現在の王立図書館 ==
[[ファイル:Det Kongelige Bibliotek.jpg|thumb|160px|left|デンマーク王立図書館。1906年から使われている[[スロッツホルメン]]にある建物を北西から見たところ]]
現在、4箇所に分散している。コペンハーゲン中心部の Gothersgade には主に社会科学や法学に関する分館、[[アマー島]]には人文学の分館、Nørre Alle には自然科学と医学の分館があり、コペンハーゲン港に面した[[スロッツホルメン]]の本館にはあらゆる分野の書籍と特別コレクションが収蔵されている。
<br clear="left" />
 
== 旧館 ==
 
1999年に開館した。2つの黒い立方体で構成されており、上にいくほど若干通りに迫り出している。2つの立方体の間にはガラスで覆われた[[アトリウム]]があり、両側は8階建ての白壁で波形のバルコニーになっていて、両側をつなぐ空中通廊がいくつかある。アトリウムはガラスで覆われているので海など外の景色が見える。旧館とブラックダイアモンドを繋ぐ渡り廊下が3つあり、それらは通りの上を跨いでいる。そのうち最大の渡り廊下の天井には、デンマークの画家 [[:en:Per Kirkeby|Per Kirkeby]] の巨大な絵画がある。
{{-}}
 
== 重要なコレクション ==
[[ファイル:Nuevacoronica.jpg|thumb|150px160px|leftright|[[ワマン・ポマ]]著『新しい記録と良き統治』の1ページ]]
所蔵品には2000点にも及ぶ[[カール・フォン・リンネ]]の著書やリンネにまつわる資料があり、1997年に歴史的重要性が認められ[[国際連合教育科学文化機関|UNESCO]]の[[世界の記憶]]に認定された<ref name="mow">{{cite web|title= The Linné Collection |url= http://portal.unesco.org/ci/en/ev.php-URL_ID=22884&URL_DO=DO_TOPIC&URL_SECTION=201.html | date=2008-05-16 |publisher=UNESCO Memory of the World Programme |accessdate=2009-12-11}}</ref>。
 
他には[[アウルトニ・マグヌッソン写本コレクション]]、[[ハンス・クリスチャン・アンデルセン]]の手稿や書簡、[[セーレン・キェルケゴール]]の手稿や書簡、Dalby Book(ラテン語で羊皮紙に書かれた福音書)、Angers fragment(デンマーク史上初の年代記の断片)、北極周辺の地図などがある。アンデルセンの手稿と書簡も1997年、[[世界の記憶]]に認定されている<ref name="mowroyal">{{cite web |title= Manuscripts and correspondence of Hans Christian Andersen |url= http://portal.unesco.org/ci/en/ev.php-URL_ID=22664&URL_DO=DO_TOPIC&URL_SECTION=201.html | date=2008-05-16 |publisher=UNESCO Memory of the World Programme |accessdate=2009-12-15}}</ref>。
 
[[ワマン・ポマ]]の『新しい記録と良き統治』(El Primer Nueva Coronica y Buen Gobierno) の署名入り写本は、1200頁の大著で400頁が挿絵になっている。アンデス山脈の原住民の視点からインカ帝国時代、1532年のスペインによる征服、初期のスペインによる植民地支配、先住民に対する権利侵害についての体系的な訴えなどが書かれている。これも2007年に[[世界の記憶]]に認定された<ref name="mowandean">{{cite web |title= El Primer Nueva Coronica y Buen Gobierno |url= http://portal.unesco.org/ci/en/ev.php-URL_ID=22485&URL_DO=DO_TOPIC&URL_SECTION=201.html | date=2008-05-16 |publisher=UNESCO Memory of the World Programme |accessdate=2009-12-15}}</ref>。
 
== 本の盗難 ==
 
== 脚注・出典 ==
{{脚注ヘルプ}}
{{Reflist}}
 
* [http://bibliotek.dk/?lingo=eng Bibliotek.dk] - デンマークの全図書館へのインターネット・ポータル
* {{en icon}} [http://www.kb.dk/en/kb/manglende-boger/index.html List of missing books]
* {{da icon}} {{PDFlink|[http://www.kb.dk/export/sites/kb_dk/en/kb/manglende-boger/baggrund/baggrund/opklaring-bogtyverierne.pdf 盗難事件の報告書 (PDF)]}}
 
{{DEFAULTSORT:てんまくおうりつとしよかん}}
11,168

回編集