「パンク・ファッション」の版間の差分

編集の要約なし
[[画像:Punk Red Mohawk Morecambe 2003.jpeg|thumb|300px|リバイバル以降のパンク・ファッション]]
'''パンク・ファッション'''(Punk Fashion)とは、[[ファッション]]の一種。そこから端を発する様々な文化現象を指す語。単に「'''パンク'''」と表記される場合もある。元は[[パンク・ロック]]から派生したが、現在では音楽とは別のムーブメントとして認識され、このファッションの愛好者にはパンク・ロックには関心がないものも少なくない。パンクスが見たら、ファッションにしか関心がない人は一目で見破られる。(パンクスがしているファッションから、明らかにズレている為。)そして、「ファッション・パンク」として蔑まれるので注意が必要。
*{{See [[:also|Category:ファッションの傾向を表す言葉]]も参照。}}
 
== 概要 ==
[[1970年代]]後半、[[ロンドン]]で[[ヴィヴィアン・ウエストウッド]]のブランドを取り扱っていた店の経営者[[マルコム・マクラーレン]]がメンバーを集めて結成したとされる[[セックス・ピストルズ]]の衣装に端を発する。マルコムは、[[ニューヨーク・ドールズ]]のマネージャー時代に出会った[[リチャード・ヘル]]のルックスに感銘を受け、そこに安全ピンや缶バッジなどをつけ足すことで、セックス・ピストルズのルックスを完成させた。<br />高級ブランドのヴィヴィアン・ウエストウッドの前身[[SEDITIONARIES]]は日本でパンク・ファッションの代名詞のように言われているが、セックス・ピストルズの衣装は殆どが自作の安物だったとされている(ヴィヴィアン・ウェストウッドと一番深い関わりのあった[[ジョニー・ロットン]]だけはヴィヴィアンに[[ガーゼ]]シャツなどの高価な洋服を譲ってもらっていた)。しかし[[ジョン・ライドン]](ジョニー・ロットン)によると、ジョンが自分でアレンジした服が数週間後には「SEX」に並んでいたという。
つまり、一般人でも真似する事が簡単で、衣装というよりは普段着に近いシンプルなファッションスタイルだった。彼らの音楽精神を強く感じさせるスタイルである事もあいまって、若者たちの間でこのファッションは広がっていった。
 
 
ちなみに、ページ写真にあるような「典型的」パンク・ファッション(原色に染めた髪を逆立てる、[[モヒカン刈り]]や[[スキンヘッド]]にする、革ジャンに鋲を打つなど)は80年代にイギリス郊外で大流行したパンク・リバイバル/ハードコア・パンク以降のものである。これらのファッションは本来の70年代オリジナル・パンクスには見られない。
匿名利用者