「Wikipedia:ガイドブック 執筆する」の版間の差分

m
メディアウィキ→MediaWiki(正式名)
m (r2.6.5) (ロボットによる 追加: ro:Wikipedia:Ghid (Formatare))
m (メディアウィキ→MediaWiki(正式名))
 
== マークアップ ==
ウィキペディアは、基本的に[[ワードプロセッサ]]感覚で編集ができますが、見出しやリンクなどを実現するためには、特別な記号([[マークアップ言語|マークアップ]])を書き加える必要があります。これらのマークアップを使って書かれた「ウィキテキスト」は、表示される際に[[サーバ]]に[[インストール]]されている[[Help:メディアウィキMediaWiki|メディアウィキMediaWiki]]というソフトウェアの機能によって[[XHTML]]文書に変換されて生成されます。[[Help:ウィキテキストにおけるHTML|HTMLのマークアップ]]も一部使えますが、通常はほとんど必要がありません。ここではウィキペディアの編集でもっともよく使われる基本のマークアップを紹介します。それぞれ<code>~</code> の箇所は文字列が入ります。練習には[[Wikipedia:サンドボックス|練習用ページ「サンドボックス」]]をぜひ活用してください。
 
; <code><nowiki>[[〜]]</nowiki></code>
: 左の「ツールボックス」の中にあるリンクです。これはこの記事がどこからリンクされているかを表示します。意外な記事からリンクされているのを発見して新鮮な気分になれるかも知れません。特に、自分で立ち上げた記事がたくさんの記事から参照されているのをみるのはうれしいものです。詳しくは[[Help:リンク元]]を。
; 特別ページ
: ウィキペディアが利用している [[Help:メディアウィキMediaWiki|MediaWiki]] というソフトウェアが自動生成する、さまざまなレポートへのリンクが集められたページです。ウィキペディアのページのほとんどは、このガイドブックのようなプロジェクト関連文書も含めてすべて編集可能なウィキ文書なのですが、「特別ページ」はそれぞれ編集できないレポートや、特殊な機能をもったリンクになっています。詳しくは[[Help:特別ページ]]を参照してください。
; [[ログイン]]
: では最後に、右上のログインというリンクに注目しましょう。これは[[アカウント]]にログイン、もしくは新しくアカウントを作成するためのリンクです。アカウントの作成は簡単で、アカウント名と[[パスワード]]を決めるだけです。他の手間もお金も一切かかりません。アカウント名とパスワードを考えるためにほんのちょっと時間を割くだけで、次に挙げるようなさまざまな便利な機能が追加されるわけです。ログインしていると右上には、[[Wikipedia:利用者ページ|利用者ページ]]、[[Help:ノートページ#利用者ページ|会話ページ]]、[[Help:ウォッチリスト|ウォッチリスト]]などへのリンクが表示されます。