「E.M.U」の版間の差分

編集の要約なし
| Notable_instruments =
}}
'''E.M.U'''(えむ)は[[緑川光]]・[[神奈延年]](当時は「林延年」)・[[置鮎龍太郎]]・[[石川英郎]]・[[阪口大助]]の5人による[[声優ユニット]]。当時全員の所属事務所は[[青二プロダクション]]だった
 
== 概要 ==
Entertainment Music Unitの略で、[[有栖川ケイ]]原作による[[少女漫画]]「[[卒業M]]」の[[声優]]で構成するボーカルグループ。キャラクターソングとしてリリースした作品は『卒業M(M)』名義とされる。[[1995年]]に結成されCDリリースの他、ライブ、イベント、ラジオのパーソナリティなど多くの活動を[[メディアミックス]]展開し、[[2000年]]の作品終了と同時に解散した。
 
当時の女性声優ブームの中で、男性版アイドル[[声優ユニット]]として人気を博した。その人気ぶりはライブコンサートのチケットが販売から5分でソールドアウトとなり、一般のニュースで取り上げられことからも伺えるほど。しかし、その加熱する人気故、一部のファンのマナーの悪さ(公演中に悲鳴を上げっ放しで曲や舞台の続行が不可能になるなど)に新井役の緑川が怒り、公演の最中に楽屋に引き返して公演中止に追い込まれたこともあった。
 
大本の「卒業M」のキャラクター5人がバンドを組むという設定があったため、1stライブでは各キャラクターが担当する楽器で演奏している。担当楽器は緑川がベース、置鮎・神奈(林)がギター、石川がドラム、阪口がキーボード。なお、バンド内ではキャラクターと同様に置鮎が名目上リーダーとなっていたが、実際はバンド経験のある神奈(林)がリードしていたようだ。しかしライブでのパフォーマンスは全てアテ振りで、実際に演奏はしていなかった事を後に明かしている。
<br />また、初期のライブでは5人がアイドルのように振りつきで歌を披露していた。多忙な本職の声優活動の合間を縫って、ダンスレッスンに勤しんでいたようだ。(主に青二養成所でのレッスンだったようだが、メンバーの自主練習で公園などでやっていたこともあるとか)レッスン後、メンバー達はファミレスでレッスン中に撮影した自分たちのダンスを見て、互いにアドバイスをしていた。
<br />ちなみに、ダンスの先生はジャニーズの指導も担当した人による本格的なもの。しかし、メンバーのレベルに合わせるため、振り付けが徐々に簡単になっていったようだ。
 
<br />初期のライブでは5人が[[アイドル]]のように振りつきで歌を披露していた。ダンスのレッスン後、メンバー達はファミレスでレッスン中に撮影した自分たちのダンスを見て、互いにアドバイスをしていたという。ちなみに、ダンスの先生はジャニーズの指導も担当した人による本格的なものだったという。しかし、メンバーのレベルに合わせるため、振り付けが徐々に簡単になっていったようだ。
所属事務所が全員[[青二プロダクション]]ということもありメンバー同士も仲が良く、特に最年少の阪口はマスコット(おもちゃ?)としてメンバーに可愛がられた。<!--神奈だけ青二塾出身ではない-->また、グループ内では緑川が「ボケ大王」と呼ばれるほどボケキャラとして活躍。グループ内の内輪ネタを数多く生み出した張本人でもある。
 
所属事務所が全員[[青二プロダクション]]ということもありメンバー同士良く、特に最年少の阪口はマスコット(おもちゃ?)としてメンバーに可愛がられた。<!--神奈だけ青二塾出身ではない-->また、グループ内では緑川が「ボケ大王」と呼ばれるほどボケキャラとして活躍。グループ内の内輪ネタを数多く生み出した張本人でもある。
 
解散後も緑川・神奈(林)は「零・不死鳥」、置鮎・石川は他の仲のいい声優と「Tea-Cups」というユニットを組んだり、個人のイベントにゲストとして招かれたりしているようである。
13,096

回編集