「アダム・クーパー」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (「白鳥の湖」のリンクが直接マシュー・ボーン版へ飛ぶよう修正)
m
1989年、[[ローザンヌ国際バレエコンクール]]に出場しプロフェッショナル・レベル賞を受賞したアダムは一躍注目を浴び、同年[[ロイヤル・バレエ団]]に入団する。その後1991年にはファースト・アーティストそしてソリストに、1993年にはファースト・ソリスト、1994年にプリンシパルとトントン拍子に昇格する。
 
1995年、[[マシュー・ボーン]]は彼の主宰する[[AMP]]の新作[[白鳥の湖 (マシュー・ボーン)|「白鳥の湖」]]の主役をアダムに打診する。アダムはロイヤル・バレエと二足の草鞋でこの役をこなし、「白鳥の湖」は全世界に大センセーションを巻き起こす。この頃、過密スケジュールのためアダムは一時足を痛めて代役を立てざるを得なくなるが、代役として彼は兄のサイモンを指名する。この頃までに兄弟のわだかまりは解消されていたと思われる。
 
*後にサイモンは雑誌のインタビューで「ああそうさ、僕はアダムの兄だとも。それでいいよ」と答えている。