「平久保半島」の版間の差分

→‎概要: 誤読誘因の解消
(→‎概要: 誤読誘因の解消)
平久保半島の最もくびれた辺りは「ふなくやー(船越)」と呼ばれている。太平洋側の長田浜と東シナ海側の伊原間湾の距離はわずか300mほどで、かつては航海の際にわざわざ平久保半島を迂回するよりも船を担いで陸上を越えた方が速かったためこの名が付いた。[[明和の大津波]]の際、船越は平坦な地形が災いして全集落流失の被害に遭った。その翌年に[[黒島 (沖縄県竹富町)|黒島]]から167人が移住して来てもとの集落から少し離れた場所を開拓した。
 
半島の先端には、約400m離れて[[大地離島]]という無人の小島が浮かんでい存在する。
 
== 地理 ==
68

回編集