「細川清氏」の版間の差分

→‎生涯: 微加筆
m (分節)
(→‎生涯: 微加筆)
 
== 生涯 ==
父和氏の死後、細川氏の嫡流だがまだ若い清氏は、和氏の弟[[細川頼春|頼春]]の後見を受け、{{和暦|1348}}、[[河内国|河内]][[四条畷の戦い]]などに従軍した。
 
[[征夷大将軍|将軍]]尊氏・[[高師直]]と尊氏の弟[[足利直義]]が争った[[観応の擾乱]]では四国の軍勢を率い、尊氏党として直義派と戦う。[[文和]]元年([[正平 (日本)|正平]]7年、[[1352年]])に[[伊賀国]]の守護となり、翌文和2年6月に直義の養子[[足利直冬|直冬]]が[[京都]]へ侵攻した際には殿軍を務めて[[後光厳天皇]]を警固し、[[近江国]]塩津では天皇を背負って山越えをしたといわれる。文和3年(正平9年、[[1354年]])9月には[[若狭国]]守護、[[評定衆]]、引付頭人に加え、相模守に補任される。翌文和4年の直冬勢との京都攻防戦では[[東寺]]の敵本拠を破る活躍をした。[[延文]]3年(正平13年、[[1358年]])に尊氏が死去して[[仁木頼章]]が執事(後の[[管領]])を退くと、2代将軍[[足利義詮]]の最初の執事に任ぜられた。
同年([[康安]]元年、3月に改元)9月、ついに将軍義詮が後光厳天皇に清氏追討を仰ぐと、清氏は弟頼和・信氏らとともに分国の若狭へ落ち延びる。これについて、『[[太平記]]』は、清氏失脚の首謀者は[[佐々木道誉]]であり、清氏にも野心があったと記し、[[今川貞世]](了俊)の『[[難太平記]]』では、清氏は無実で道誉らに陥れられたと推測している。清氏は無実を訴えるものの、10月には斯波高経の軍に敗れ、[[比叡山]]を経て[[摂津国]][[天王寺]]に至り南朝に降った。12月には[[楠木正儀]]・[[石塔頼房]]らとともに[[京都]]を奪取するが、すぐに幕府に奪還された。
 
康安2年(正平17年、[[1362年]])、清氏は細川氏の地盤である四国[[阿波国|阿波]]へ逃れ、さらに[[讃岐国|讃岐]]へ移った。清氏追討を命じられた阿波国の守護[[細川頼之]](頼春の子、清氏の従弟)に対しては、[[小豆島]]の[[飽浦信胤|佐々木信胤]]や[[塩飽諸島]]の[[水軍]]などを味方に付けて海上封鎖を行い、[[白峰城]](高屋城とも、現[[香川県]][[綾歌郡]][[宇多津町]]、[[坂出市]])に拠って宇多津の頼之勢と戦った。『太平記』によれば、清氏は頼之の陽動作戦に乗せられて兵を分断され、単騎で戦って討死したとされる。清氏の子正氏は、その後も南朝に属して抵抗した
 
坂出市には清氏はじめ[[被官]]36名が埋葬された「三十六」や、「細川将軍戦跡碑」などがある。
 
なお、清氏の子[[細川正氏]]は、その後も南朝に属して抵抗した。
 
== 関連項目 ==
10,501

回編集