「境部薬」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
'''境部薬'''(さかいべのくすり、生年不明 - 天武天皇元年[[7月7日 (旧暦)|7月7日]]([[672年]][[8月5日]]))は、日本の[[飛鳥時代]]の人物である。'''坂合部薬'''(さかあいべのくすり)とも書く。旧仮名遣いでの読みは前者が「さかひべのくすり」、後者がさかあひべのくすり」。姓([[カバネ]])は[[連]]。[[658年]]に[[有間皇子]]の変で流罪となった。[[672年]]の[[壬申の乱]]では大友皇子([[弘文天皇]])側の将となり、息長の横河で敗死した。
 
== 有間皇子の変 ==
 
『[[日本書紀]]』によれば、[[斉明天皇]]4年([[658年]])11月3日と5日に、斉明天皇と皇太子の中大兄皇子(後の[[天智天皇]])が紀温湯に行った留守に、[[有間皇子]]は都で[[蘇我赤兄]]と挙兵を相談した。書紀は「ある本には」として、有間皇子、蘇我赤兄、塩屋小戈、[[守大石]]、坂合部薬が、短籍(籤)で謀反を占ったという話を伝える。
 
 
== 壬申の乱 ==
境部薬は、壬申の乱では大友皇子([[弘文天皇]])の側につき、その将となった。[[美濃国]][[不破郡]]に本拠を構える大海人皇子([[天武天皇]])の軍と、[[近江国]][[大津市|大津]]に都をおく大友皇子の軍は、7月7日に近江方面で会戦を行った。『日本書紀』はこの戦いにつき「男依([[村国男依]])らは近江軍と息長の横河で戦って破り、その将境部連薬を斬った」と記す。この文面からは近江軍の総指揮官が境部薬であったのか、そうではなく将のうちの1人であったのかは判然としない。
 
境部薬は、壬申の乱では大友皇子([[弘文天皇]])の側につき、その将となった。[[美濃国]][[不破郡]]に本拠を構える大海人皇子([[天武天皇]])の軍と、[[近江国]][[大津市|大津]]に都をおく大友皇子の軍は、7月7日に近江方面で会戦を行った。『日本書紀』はこの戦いにつき「男依([[村国男依]])らは近江軍と息長の横河で戦って破り、その将境部連薬を斬った」と記す。この文面からは近江軍の総指揮官が境部薬であったのか、そうではなく将のうちの一人であったのかは判然としない。
 
[[Category:壬申の乱|さかいへのくすり]]
5,402

回編集