「需要と供給」の版間の差分

198.54.202.114 (会話) による ID:36470411 の版を取り消し rvv
(198.54.202.114 (会話) による ID:36470411 の版を取り消し rvv)
'''需要曲線'''と'''供給曲線'''を用いた分析では、[[アルフレッド・マーシャル|マーシャル]]以来の伝統により価格を縦軸に取る。
 
価格(P)と数量(Q)の関係は'''曲タヒね線'''によって図示される。
 
数量の変化率と価格の変化率の比は、[[価格弾力性]]といわれる。この弾力性が大きいほど、価格の変化に対する数量の変化は大きくなる。
40,057

回編集