「クルト・ラスヴィッツ」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
{{文学}}
'''カール・テオドール・ヴィクトル・クルト・ラスヴィッツ'''({{lang|de|Carl Theodor Victor Kurd Laßwitz}}、[[1848年]][[4月20日]] - [[1910年]][[10月17日]])は[[ドイツ]][[小説家]][[数学者]][[物理学者]][[地理学者]]でもあった。ポーランドの[[ヴロツワフ]]生まれ。ドイツの[[ゴータ]]で没。ウェーラートゥス<!-- ラテン語式発音で良いか? -->(Velatus)のペンネームでも著作を発表した。ドイツ語圏における[[サイエンス・フィクション]]の創始者と見なされている。
 
== 生涯 ==
クルト・ラブレラウ(現在のポーランド領[[ィッワフ]])で、カルル・ヴィルヘルム・ラスヴィッツ([[ユダヤ人]]の工場主・鉄材卸売商人。[[プロイセン]]の国会議員だったこともある)の息子としてヴロツワフで生まれた。彼は生誕地の大学および[[フンボルト大学ベルリン|ベルリン大学]]に通って数学と物理学を学び、1873年に国家試験を受けて論文"{{lang|de|über Tropfen, welche an festen Körpern hängen und der Schwerkraft unterworfen sind}}"(重力に抗して固体表面に付着した水滴について<!-- 解釈、これで良いか? -->)で博士号を取得した。
 
1876年にゴータのギムナジウムで教師の職に就いた。そこでの彼の生徒の1人[[ハンス・ドミニク]]がいた。1884年には教授職に昇進した。
 
クルト・ラスヴィッツは62歳の時に[[ゴータ]]で死亡した去(62歳)彼は現在もヴロツワフの栄誉墓地<!-- Ehrenfriedhof -->に埋葬されている。
 
== 業績 ==
クルト・ラスヴィッツは現代SFの父と呼ばれている。彼は更に物理学、[[認識論]]および[[イマニュエル・カント]]に関する本を執筆した。また[[グスタフ・フェヒナー]]([[精神物理学]]の創始者)を批評<!-- 「批判」くらいの訳語を当てるべきか? -->する出版物の編集なども行なっている。同時代の[[ハーバート・ジョージ・ウェルズ|H・G・ウェルズ]]とは違い([[ジュール・ヴェルヌ]]とは全く違い)、ラスヴィッツはSF的設定というものを批評、或いは教育上の目的で使用した。<!-- 以下二文未訳。 Zukunftsentwürfe sind mutiger als die Werke seiner beiden Kollegen und Zeitgenossen, weil sie weiter in die Zukunft reichen. Daher stößt er auch (nach eigener Aussage) immer wieder an die Grenzen „des mit heutigen Begriffen Erklärbaren.“ -->彼の代表作は長編『両惑星物語』("Auf zwei Planeten", 1897)である。数多くの言語に翻訳され、幾度も再刊された。<!-- 以下一文未訳。Das Werk war Anfang des 20. Jahrhunderts hochpopulär, seine literarische Rezeptionsgeschichte, z. B. die Autoren des Expressionismus betreffend, gilt es noch weitestgehend zu erforschen. Sichergestellt ist ein Einfluss auf Georg Heym. Auch Arno Schmidt schätzte den Roman. -->
 
[[ハンス=エミール・シュスター]]が1977年に[[ヨーロッパ南天天文台]]で発見した[[小惑星]](46514番)は、彼にちなんでラスヴィッツ(Lasswitz)と命名された。
 
== 作品 ==
* ''Bilder aus der Zukunft'', 1878 (zwei Erzählungen aus dem 24. und 39. Jahrhundert)
* ''Atomistik und Kriticismus'', 1878
* ''Gustav Theodor Fechner'', 1896
* ''Auf zwei Planeten'', 1897 - Volltext: [http://www.gasl.org/refbib/Lasswitz__Auf_2_Planeten.pdf gasl.org], [http://www.digbib.org/Kurd_Lasswitz_1848/Auf_zwei_Planeten digbib.org]
** 『両惑星物語』[[松谷健二]]訳、[[早川書房]](ハヤカワ・SF・シリーズ)、1971年
* ''Wirklichkeiten'', 1900 (Beiträge zum Weltverständnis)
* ''Nie und immer'', 1902
ほか、短編では"The Universal Library"「万能図書館」<ref>[[小尾芙佐]]訳。収録:『世界SF全集 31 - 世界のSF:短篇集・古典編』</ref>と"Auf Cler Seifen Blase"「シャボン玉の世界で」<ref>収録:『独逸怪奇小説集成』([[竹内節]]編・[[前川道介]]訳、国書刊行会、2001年、ISBN 4-336-04346-9)</ref>の二作品が日本語に翻訳されている。
 
== 脚注 ==
<references />
 
== 文献 ==
* Bartholomäus Figatowski: ''Zwischen utopischer Idee und Wirklichkeit. Kurd Laßwitz und Stanislaw Lem als Vertreter einer mitteleuropäischen Science fiction.'' Wetzlar: Förderkreis Phantastik in Wetzlar 2004. (= Schriftenreihe und Materialien der Phantastischen Bibliothek Wetzlar; 78)
* William B. Fischer: ''The empire strikes out. Kurd Lasswitz, Hans Dominik, and the development of German science fiction.'' Bowling Green, Ohio: Bowling Green State Univ. Popular Press 1984. ISBN 0-87972-257-6
* Heike Szukaj: ''Empfundenes und Erkanntes. Kurd Lasswitz als Wissenschaftspopularisator 1848-1910.'' Münster: Univ. Diss. 1996.
 
== 外部リンク ==
* [http://dispatch.opac.d-nb.de/DB=4.1/REL?PPN=118569961 Literatur von und über Kurd Laßwitz] im Katalog der Deutschen Nationalbibliothek
* [http://gutenberg.spiegel.de/autoren/lasswitz.htm Texte von Kurd Laßwitz (Projekt Gutenberg-DE)]
{{DEFAULTSORT:らすういつつ くると}}
[[Category:ドイツの小説家]]
[[Category:ユダヤ系ドイツ人]]
[[Category:ドイツのSF作家]]
[[Category:ユダヤ系ドイツ人]]
[[Category:ヴロツワフ出身の人物]]
[[Category:1848年生]]
[[Category:1910年没]]