「のりもの王国ブーブーカンカン」の版間の差分

*『進め!ビークルくん』は着ぐるみや人形の棒操作ではなく、ミニチュアをラジコンなどで操作する[[操演]]という子供番組でも珍しい手段がとられている。ミニチュア自体は映画『[[さよならジュピター]]』や東宝[[特撮映画]]などで知られる[[オガワモデリング]]製である。
*『進め!ビークルくん』のキャラクターを使った絵本が放映当時に出ていた。なぜか撮影用のミニチュアではなく、クレイモデルを使ったものである。
*[[1998年]][[9月16日]]のテレビ東京放送分は、[[平成10年台風]]5号|台風5号]]が東海地方に上陸したことに伴う[[報道特別番組]]の影響で、唯一30分遅れの8時00分開始となった。
*[[2000年]]3月29日(テレビ東京)の最終回では、[[内田順子 (歌手)|じゅん★P]]が「しばらく旅に出ます。また会おうね…」と言ってフィナーレを迎えた。意図的には99年に行われた[[チェキッ娘]]の「旅立ちLIVE」の演出と酷似している。内田順子も2008年12月に、この時のセリフと類似した趣旨の発言をブログに残してタレント業を引退している。
*「のりものスタジオ」の制作は[[小学館プロダクション]]で会社が異なるが、番組の構成パターンは「ブーブーカンカン」をほぼ踏襲している。しかし人間のMCが無くなり、幼稚園の訪問や教養的なコーナーがあるなど趣向がやや異なる。番組内の[[ボブとはたらくブーブーズ]]は超特急ヒカリアンと開始時間・本編時間がほぼ同じである。
匿名利用者